Article

                   
        

特別な配慮

category - 未分類
2017/ 04/ 14
                 
子どもの通うことになる小学校では、入学式前日、
特別支援の子のために体育館で予行練習を行っていた。

見通しのたたない、初めてのことに混乱する子ども達の特性をよく理解していてありがたい。
入学前に予行練習をしてくれる学校なら安心して子どもを預けられる。
nyuugaku1.jpg

昨年入学した2年生が歓迎の歌とおどりのために防災ずきんを座布団にしてスタンバイ中
1年経ったら特別支援の子ども達もこの仲間に入っているはず。
nyuugaku2.jpg

式が終わって教室へ
せっかく終わったのにまた「席について」と言われて泣く子も
nyuugaku3.jpg

特別支援で配布された教科書。
他にも教材がいくつか・・・
どこまでが無償だからありがたいと思えと言われているのか不明だが
この袋の文章は、やはりかなり不満
だって・・・『国がじゃないよ!全部税金でしょうよ!!』と思うのです。
現場の公務員は年がら年中「税金で食ってるくせに」とか言われているわけですよ。
国会議員だって、内閣といったって同じでしょうが
国は税金納める者がいなけりゃ成り立たないでしょうが。
nyuugaku4.jpg
市はなんにも悪くないですよ~。
国の姿勢が憎たらしい。

というわけで不満たらたらなのは、入学式初日には集金袋も配布されたわけで、初日から集金するのに何が「教科書は無償でやったんだから感謝しろよ」だよっ!という怒りです。
nyuugaku5.jpg