Article

                   
        

憲法守れシール投票

category - 未分類
2015/ 07/ 13
                 
船橋憲法を生かす会、市議会会派市民社会ネットワーク、市民ネットワーク・ふなばしの共同行動として7月11日(土)12日(日)と2日連続で「憲法守れ!シール投票」を行った。

2015年船橋憲法を生かす会

2015tudanuma.jpg


もう、時間がない。
今、意思表示をしておかなければ15日にも強行採決されてしまうと聞こえてくるのだから
なるべく多くの人に意思を示しておいてもらわねば!との思いで大事な子どもとの休みをつぶして暑い中の活動。

残念だったのは、船橋駅北口では私の言葉のドコかに引っかかったのだろう
中年以上の男性3人に罵声を浴びせられた。
連れだった3人ではないから、かなりの高確率で逆鱗に触れたらしい。

1人は「誰も立ち止まって聞いていないじゃないか、これが現実だよ」
1人は「言ってろバカ!!」
もう一人はなんだかわけがわからなかったがとにかく罵倒してた、
で、これらの人に共通しているのが通りすがりに去って行きながら大声を浴びせること。

「国民の8割以上が政権の説明に納得していない」
「官邸前には大学生などを中心にした若者が集まって法案に反対する行動を起こしている」
これのどこに?と思うが怒っていた。

土曜の私は体調不良だったので、演説に勢いのない女性だったからか?
怒鳴りンぼ男性、家庭では妻を殴っていないだろうかと心配だ?

写真をご覧の通りシールを貼ってくれるほとんどの人は「NO!」と意思表示して行くし
「がんばって」と声をかけられることも多かった。
中には「私も別の場所で反対行動してきた帰りです」という人もいた。

世論調査の結果、国民の過半数が「NO!」と態度表明をし、
8割以上の人が「政府は説明不足だ」と言っているのにもかかわらず「議論は尽くした」と言えちゃうなんてナンデ?としか思えないが、あの新国立競技場のすったもんだの大馬鹿騒ぎを見ていれば統計や数字の裏付けや他国から学ぶなんてどうでもよい、雰囲気だけのイケイケ。
「あ~ぁ、ずっとこんな国だったのか」とまたまた残念になるのだ。

そして
大変だ!大変だ!と頑張っているスキに
カジノ法案は可決してしまった。

いっぺんにとんでもない問題を起してどさくさに紛れるやり方って本当に汚いなぁ