Article

                   
        

4年に一度の・・・

category - 未分類
2014/ 09/ 04
                 
市民の皆さまはあまり意識していないと思いますが
統一地方選挙まであと8カ月ほどになりました。

おそらくどこの議会でも同じなのでしょうが
「任期の残り、あと1年」といったあたりから空気が変わったのを感じました。
(当選直後から次の試合のことばかり言っている武闘派の人もいましたが)

ところで
すでに年金を受け取りながら議員報酬ももらって議会で好き放題な持論を述べている(だけに見える)議員、
あるいは、議事録に残るところでは一切発言しない水面下活動の議員などは
一体何をモチベーションにしているのやら・・・
議員の自覚とズル賢さの少々足りない市民派としては全く理解できません。

え?そう見えてしまうのは君の見識が足りないからだ? 
ごもっともでございます。

表に見えないところで頑張るのが議員の仕事だ? 
ごもっともでございます。

はい、わたくしなど本当に世間(議会)知らずのひよっこでございます。

市役所の駐車場の近くで、働いているおじさんの会話を聞いてしまったのですが
「議員用エレベーター付近(?)の絨毯の色は赤ではダメだとクレームが入ったので不要になったんだけど、何かに使えるかもしれないと思ってとってあるんだよね、これ」
『あーそうなの?もったいないものね~わかるわ、その気持ち』(私の心の声)

なぜ議員さんが赤ではダメだと言ったのかわかりません。
国会の赤絨毯とかぶるからでしょうか???

完全に別の世界に生きているのだなと実感しますね。
見解の相違ですね。

最終イス取りゲームのゴングが鳴るまでの現在の段階としては
「誰もが完全に守ってる?」といえる
運転免許試験のひっかけ問題のような公職選挙法
限りなくグレーな公職選挙法に触れている人を見つけて通報、記者発表する。
(今回のはクロでしたけど)
やられた方は、あらん限りの技を使ってそれをうまく切り抜ける。
それが議員。

選挙管理委員会さん、あそこの看板に今期の証票が貼ってありませんよ~
とか
選挙管理委員会さん、この議員、当選するごとに看板どんどん増殖させてますよ~
とか
駅で立っている時に名前の旗出してますよ~
とか
そんなことはすでに日常の風景なので通報してもムダです。

違反ですよ、完全に。
でも、すでに日常の風景になっているので全力でグレーゾーンについて争う覚悟がないと難しいわけです。

国政政党に所属している人だとセーフにできる
私だとアウトになって潰されるかも・・・の世界でしょうか。

「辞職しろ、しないなら不信任決議だ」の争いの後
互いに何事もなかったかのように会話ができるオトナな人々
それが議員。

私も真に大人になれるように頑張ります。

このブログが誰の怒りも買いませんように(・・・ブルブル・・・)
こわいよ~