Article

                   
        

教科書展示を見た

category - 未分類
2014/ 07/ 05
                 
子どもの親として見ておかなければいけなかったのだろうが
実はこれまであまり関心を持ってこなかった。(ゴメンなさい)

前回は船橋市内のあちらこちらを巡回して展示してくれたのだが
実は、見ていなかった(本当にごめんなさい)

4年に1回、教科書の選定があるので今回はちゃんと見ましたよ。
子どもの母親として、素人の目でしっかりと。

しかし、この展示場所!辺鄙だなぁ
ららぽーと近くの埋め立ての端っこ、県の土木事務所と教育事務所がある。
kyoukasyo2.jpg

振り向くと入り口に「教科用図書見本展示場」の文字、飾りがあって、ちょっと歓迎された感じ ♪
kyoukasyo1.jpg

来場者のノートを見ると3日前に誰か来ている
やっぱりそんなものか~
Face5階の市役所の出張所で展示すればいいのに。

すわって、まずは小学生の心のノートを開いてみた
3年生くらいだったかな

「みんなが大切にしているきまり」
一、人をきずつけない。
一、人のものをぬすまない。
一、うそを言わない。
一、弱い者いじめをしない。
一、ひきょうなことはしない。

・・・大人社会は全部守っていない・・・言葉を失う
kyoukasyo3 (2)

家族のありがたさか~、これをつかうとき、家族に問題を抱えている子や家族のいない子にはどんな配慮がされているのか知りたいな。十分に温かい家族のある子だったら、この項目はさほど必要ないわけだから。
kyoukasyo4 (2)

中学生だとどんな感じかな?
ふるさと・・・・原発事故でふるさとを追われている人のことを思ってしまった。
悲しいなぁ・・・
kyoukasyo5.jpg

「愛し」はまだいいとして「発展を願う」か・・・ちょっとなんだろ引っかかるな。
kyoukasyo7.jpg

「権利と義務ってなんだろう?」で十分ではないかしら?
イラストについている「権利の正しい主張」とか、これもちょっと引っかかるな。
kyoukasyo8.jpg

並んでいる背表紙を見ていて
各会社は自分の得意分野で教科用図書を出しているのだと気づいた。
たとえば国語と書写には三省堂があったり。

お、フジテレビでお馴染みのマーク発見。
ここは歴史と公民だけ
歴史と公民だけ得意ってどんな会社?
kyoukasyo9.jpg

中学の歴史で比較してみよう。
例えばよく話題になる「南京事件」だとどうかな?
大虐殺があったとか、事件はあったが被害人数が全然違うとか、
ネットでは「そもそも事件など無かった」説もみかけたが・・・

記述で、はっきり違っていたのは
下の写真で
kyoukasyo10.jpg
左側の4社は当時「国民には知らされなかった」と書いてある。
右側の2社にはその記述はない。
この差って大きいのではないだろうか。

残念ながらこの国の政府は、国民に誠実に事実を知らせる気は今もってさらさらないわけだから
今後も日本の近代史に関しては国民を二分する論争が絶えないだろう。

であるにも関わらず心のノートで「正しい」ことを教育しようとすることに矛盾は感じないのか実に不思議だ。
正しいってなんだろう? まずそこから教えてほしい。


ちなみにフジテレビマークの会社の「日本の歴史」には
最後のページに実に親切に「インターネットで調べてみよう」とイラストつきで書いてあった。
ネット検索で歴史を認識するって・・・・それでいいの?