プロフィール

三宅桂子

Author:三宅桂子
公式HPはこちら

http://miyake-keiko.com/

*一男三女の母 。

*発達障がいの子(社会人)あり。

*別居ながら約5年間両親の介護を経験。

*雇われない働き方、ワーカーズコレクティブ、メンバー

*千葉県認定 養育里親(子どもを受け入れる家庭)

*現在は夫と実子2人+里子との生活

*「天賦の才能は人それぞれ。できることはやる」がモットー


※船橋市議会会派
「市民社会ネットワーク」
※議会運営委員会委員
※健康福祉委員会委員


最新記事


カテゴリ


DATE: CATEGORY:未分類
千葉県庁
kencyou.jpg

千葉県庁に向かって右側に議会棟がある。
kengikaitou.jpg
6月23日、市民ネットワークの県議、入江あき子さんの質問を傍聴しに県議会に出かけた。

例の都議会でのセクハラ野次事件の真っ最中だったので
よもやくだらない野次などあるはずもないと思っていたら
まさかの議長のパワハラに驚いた。

松戸市選出の河上議長は、議長席の高い背もたれにうずもれるように頭をつけたままで、質問に答える理事者の指名を繰り返していた。

入江議員の一問目に対する答弁が一通り終わったところで
質問時間が8分残っているにもかかわらず、
議員席を見もせずに「つづいて○○議員の・・・」と次の議員を指名し始めたのだ。

入江議員は二問目の質問のために手を上げている
時間の許す限り、質問は三問までできる。

保守系の議員席方向からも「手を上げているよ」と声がすると
「え?手を上げてるの」と言いながらもまだ入江議員の方を確認もしない。
手を上げていた入江議員がここで「議長」と声を上げるとそこではじめて「入江あき子くん」と指名した。

驚いた!!!明らかな嫌がらせじゃないか。
でも議場内の誰も驚かないところをみると、どうやらこんなやり方が日常的なんだろうと想像できてウンザリだ。

さらに、途中でマイクの調子がおかしくなり答弁者の声が聞こえなくなった場面があった。
保守系の議席からは「答弁はいらないってよ」「ワハハハ」との不規則発言が聞こえる。

するとここで議長の「でかい声でしゃべればいいじゃねーか」との発言。
イヤイヤイヤ、議事録はどうする、オイオイオイ
というか、そのセリフが議事録に残ると言うわけですね。。。

議長席に座った上で、あの下品な言葉遣いができると言うことはあの席を降りたらどんな・・・怖くて想像もしたくない。
松戸市民は知っているのだろうか?
いや、松戸市民に限らず、市の代表として送り出した県議会議員がどんな人物なのか市民はちゃんと知っているのだろうか?
次の選挙までに県議でも市議でも市民はしっかり見極めてほしい。




copyright © 2017 三宅桂子の『言いすぎちゃったらごめんなさい』 all rights reserved.Powered by FC2ブログ