プロフィール

三宅桂子

Author:三宅桂子
公式HPはこちら

http://miyake-keiko.com/

*一男三女の母 。

*発達障がいの子(社会人)あり。

*別居ながら約5年間両親の介護を経験。

*雇われない働き方、ワーカーズコレクティブ、メンバー

*千葉県認定 養育里親(子どもを受け入れる家庭)

*現在は夫と実子2人+里子との生活

*「天賦の才能は人それぞれ。できることはやる」がモットー


※船橋市議会会派
「市民社会ネットワーク」
※議会運営委員会委員
※健康福祉委員会委員


最新記事


カテゴリ


DATE: CATEGORY:未分類
10月23日(水)
2日目は那覇市から沖縄本島南部の南城市へ移動して
健康増進施策について話を伺う
あまり馴染みのない名前だなぁと思っていたら、
平成の大合併で誕生した人口4万人ほどの小さなハート型の市でした。
人口規模が全く違うのに是非お話しを伺いたい!と思うほどの健康増進への取り組みを行っている。

長寿県だった沖縄の長寿ランキング転落ぶりはものすごい勢いで
厚生労働省発表の「2010年都道府県別生命表」によると、
平均寿命で、沖縄県の女性は都道府県別で前回5年前(05年)の1位から始めて3位に後退。
男性は前回の25位からさらに転がり落ちてなんと!30位。

伝統的な沖縄料理を食べていた世代ではなく
欧米化された食生活にどっぷりハマった30代、40代の男性の不健康ぶりがすさまじいそうだ。

南城市では
本来は、福祉的な視点で仕事をする保健師さんの
緻密で根気強いレセプトのデータ分析が大きなカギになっていた。
例えば、レセプトにある医療費200万円以上の傷病名等のデータを1件1件手入力し、
誰に向けて、どんな指導を行えば効果が出るのか、
将来に向けて、一人一人が健康な生活をしながら、医療費を押さえられるための分析をしてきた。

そして、専門職の職員の効果的な集中配置にまで話が及ぶと
結果を得るためには何をすべきか、判断し実行できる潔さに頭が下がる。

こうした取り組みで他の自治体から視察に来られる船橋市になって欲しいなぁと思うのだが
さて、
「人口規模が違いますから」とか言うのだろうか?

10/22~25までの自殺予防キャンペーンが展開されていた。
nanjyou1.jpg
真ん中にいる水色の服で帽子をかぶっているのが南城市のゆるキャラ「なんじぃ」
nanjyou2.jpg

南城市をあとにして空路熊本へ
移動距離が長くてちょっと疲れた1日でありました。


copyright © 2017 三宅桂子の『言いすぎちゃったらごめんなさい』 all rights reserved.Powered by FC2ブログ