Article

                   
        

「ヘイトスピーチ」は人種差別 地裁が在特会に禁止命令

category - 未分類
2013/ 10/ 07
                 
在特会に対して、「ヘイトスピーチは人種差別である。」
「学校周辺での街宣活動は禁止する。」との判決が京都地裁で出た。

悪いけど
そんなことを言われないと理解できないのはなぜだ?
日本の教育は一体どうなっているのだ!!!

 ま、判決が出たので良いです。

朝日新聞デジタルの記事によると以下の通り、

 京都朝鮮第一初級学校(現・京都朝鮮初級学校)を運営する京都朝鮮学園が
「在日特権を許さない市民の会」(在特会)と会員ら9人を相手取り、
学校周辺での街宣活動の禁止や計3千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が7日、京都地裁であった。

橋詰均裁判長は、街宣活動について「著しく侮辱的、差別的で人種差別に該当し、名誉を毀損(きそん)する」として計約1226万円の賠償を命じた。
また、同学校の移転後の新校舎付近で、新たな街宣活動を差し止める異例の判断も示した。

 原告代理人によると、ヘイトスピーチに対する損害賠償などが認められるのは極めて異例だという。
一方、在特会の八木康洋副会長は控訴について「判決を精査して決める」と話した。

 判決によると、在特会の会員らは2009年12月~10年3月、京都市南区にあった第一初級学校周辺で、「犯罪者に教育された子ども」「朝鮮半島へ帰れ」などと3回にわたり演説した。

判決は、この演説内容が
日本も批准する人種差別撤廃条約に照らして「人種差別」にあたると判断
「在日朝鮮人に対する差別意識を世間に訴える差別的発言」として名誉毀損の成立を認定。
公益目的は認められず違法だと結論付け、「発言は事実に基づいた公正な論評」とする在特会側の反論を退けた。