プロフィール

三宅桂子

Author:三宅桂子
公式HPはこちら

http://miyake-keiko.com/

*一男三女の母 。

*発達障がいの子(社会人)あり。

*別居ながら約5年間両親の介護を経験。

*雇われない働き方、ワーカーズコレクティブ、メンバー

*千葉県認定 養育里親(子どもを受け入れる家庭)

*現在は夫と実子2人+里子との生活

*「天賦の才能は人それぞれ。できることはやる」がモットー


※船橋市議会会派
「市民社会ネットワーク」
※議会運営委員会委員
※健康福祉委員会委員


最新記事


カテゴリ


DATE: CATEGORY:未分類
船橋市青少年センターと
青少年補導委員連絡協議会で千葉市児童相談所を視察した。
築16年とは思えない立派な建物の1、2階が児童相談所
3,4階は養護教育センターになっている。
jisou2.jpg

今日ある集まりの案内が出ていて、視察のことも書かれていた。
jisou1.jpg

あたたかみのある木の風合いの廊下やドア
両側に相談室等が並んでいる。
jisou7.jpg

子どもの遊ぶ様子で表現できない子どもの状態を知ることができる身体を使う遊び道具。
ところが、これが立派でメンテナンス費用が大変だそうだ。
jisou3.jpg

箱庭のある部屋には、これまで他の児童相談所では見たことがない砂場や水場まであった。
jisou4.jpg

体育館のような場所。
千葉県生実学校の体育館とは雲泥の差だなぁ・・・
jisou5.jpg

2階の高さの通路なのだが、ここから脱走する子ども達もいるそうだ。
子ども・・と言っても幼い子ではなく、中学生も増えてきているらしい。
jisou6.jpg

確かに、つい先日も熊本県で家の中で白骨化した16歳の女の子の遺体が見つかったという。
月に2回も訪問していたと言うのに防げなかった死。
崩壊した家庭に介入して行くのは本当に難しい。

copyright © 2017 三宅桂子の『言いすぎちゃったらごめんなさい』 all rights reserved.Powered by FC2ブログ