船橋市議会議員(市民ネットワーク・ふなばし代理人)のブログです。

# 三宅桂子の『言いすぎちゃったらごめんなさい』

# あっぱれ横須賀市議会

今日はこれから同期の議員と横須賀市の児童相談所へ視察予定。

新・船橋市長も「児童相談所を設置する」と公約しているので、中核市で独自に児童相談所を設置している横須賀市を視察させてもらうことになった。

報告は帰ってからになるが
せっかく訪問するので事前にいろいろHPで横須賀市について調べていたら
市議会の情報公開度の高さにび~~~~っくりした!

いやいや
こんな風に公開している市があると、まったく船橋。。。アホみたいですわ。
あるがままを公開せずに秘密めいた部分を残しておきたいのはいったい誰なんだ?

逆に市民が自らヒョイっと確認できるよう公開しておかないから、
他の議員の気に入らない使途や自分が納得できない活動について
さも大問題であるかのように糾弾する議員も出てきて 
ややこしい事この上ない。

これだって税金の無駄だよ.

横須賀市では議員名簿でさえ会派別、委員会別、50音別、議席順と
調べる側の立場に立って選べるようになっている
写真ももちろんついている

議会見学も日常的に受け付けている。

議員報酬はもちろん
政務調査費についても政務調査費収支報告書、視察等報告書が公開されている。

何年に誰がどこへ視察行ったか
視察に行って何を見て、何を学んできたか
報告書の枚数を増やすために訪問先の市の概要をずらずらと書き連ねている(笑)とか

市民のために調査活動を行う政務調査費を何にどう使ったか
5月~3月の一年間の調査活動で事務所費、資料購入費(日経グローカル)以外には
3月30日に(え?3月30日?!)
市民アンケートで47万円以上使ってる議員さんとか。
(そのアンケートの現物見せてくれよー!)

これらの内容からその議員がどんな活動をしているかがよく見える
まさに見える化の見本のようだ。

あとは読み解く力の問題だが
例えばここ数年視察報告を出していない議員が一人いたので
この人はどんな人?サボっているのかな?と調べてみたら
いやいや、とんでもない
非常に勉強熱心な議員で、ブログを見れば定型の報告書など必要がないくらいの人だった。
要するにこの無所属の議員は政務調査費で視察には行っていないだけのこと。

こんな風に、活動状況が他市の私でも手に取るようにわかるのだから
市民の方だったらさらに本人に質問もできるし、議会を傍聴にも行かれる。
こうでなきゃいけませんよ。

全てを白日の元にさらさないで、オトモダチの社長とちょこちょこっと話をして
『政策秘書』に『市民の意識調査』だなんて政務調査費を横流しするから信用無くすんですよね。
恥ずかしいと思え!

そういえば千葉県知事の鈴木栄治さん
(あ、森田健作さんね)
あの方の政策秘書は知事の所属プロダクション『サンミュージック』の社員だとか聞いていますがどうなのでしょう?

「その辺は大人にならないと」との指摘がどこからか聞こえてきそうですが
あ~そのセリフは20代の頃に開業医のジジィに「愛人にならないか」と誘われた時に言われたセリフだわ。

大人なんてク○くらえ!ですわ。








# プロフィール

三宅桂子

Author:三宅桂子
*一男三女の母 。

*発達障がいの子(社会人)あり。

*別居ながら約5年間両親の介護を経験。

*千葉県認定 養育里親

*現在は夫と実子2人+養育里子との生活

*モットーは
「天賦の才能は人それぞれ」
「できることをやる」

※船橋市議会会派「市民共生の会」
※議会運営委員会委員
※健康福祉委員会委員
※広報委員会委員
※予算決算健康福祉分科会委員
※予算決算委員会理事会理事

# 最新記事

# カテゴリ

# 検索フォーム

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# QRコード

QR