プロフィール

三宅桂子

Author:三宅桂子
公式HPはこちら

http://miyake-keiko.com/

*一男三女の母 。

*発達障がいの子(社会人)あり。

*別居ながら約5年間両親の介護を経験。

*雇われない働き方、ワーカーズコレクティブ、メンバー

*千葉県認定 養育里親(子どもを受け入れる家庭)

*現在は夫と実子2人+里子との生活

*「天賦の才能は人それぞれ。できることはやる」がモットー


※船橋市議会会派
「市民社会ネットワーク」
※議会運営委員会委員
※健康福祉委員会委員


最新記事


カテゴリ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
8月4日(日)
朝6:30 船橋駅南口交番前に集合し船橋港へ向かう。

今回は第53回社会教育研究会全国集会【千葉集会】の分科会で東京湾の漁業と三番瀬を見学させてもらった。

まずは漁の終わった漁船からの荷揚げ、荷捌きを見学。
写真はもう最後の方、船底に魚の残りをすくいあげている。
minato1.jpg

人がたくさん乗るのでバランスを考えて椅子を配置。
minato2.jpg

船を見つめる息子。(船酔いするのでは?とヒヤヒヤ)
minato3.jpg

しばらく進んで行くと防波堤の近くに白い島?船長が「貝殻島」と呼んだのは、砕けた貝殻の吹き溜まりのようなものなのだが、これがきれい!知らなかったなぁ。防波堤沿いに歩いても行かれるらしいのだが、この日は水上バイクで乗りつけたらしい人達がリゾート♪していた。
minato4.jpg

浦安が見えるところまで行くとカモメ、かわう、等の海鳥がたくさん。
ここには稚魚がたくさんいるので海鳥も多いそう。
minato5.jpg

これはあの有名な南極観測船「しらせ」です。
現在船橋港に係留中の「しらせ」を利用した全3回の環境講座が計画されています。
興味のある方は8月15日申し込み開始!
   ↓  ↓
環境講座「SHIRASEから学ぶ」
minato6.jpg

クルーズから戻りららぽーと近くの浜町公民館で地元の若い漁師さんのお話しを聞く。
とにかく魚が好きとの情熱が伝わってくるお話しに
若い女性から、元若い女性までの意見はみごとに一致
「漁師はカッコイイ!!」
minato7.jpg
若い漁師さんが手にしているのは船橋が日本一の水揚げを誇る高級魚「スズキ」です。

漁師さんの言葉「人が死んでも海は残る。きれいな海を後世に残したい」
本当に。。。
自然の中で生かされていることに感謝しながら生きている人は輝いている。


copyright © 2017 三宅桂子の『言いすぎちゃったらごめんなさい』 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。