Article

                   
        

今になってアルミ摂取規制?

category - 未分類
2013/ 06/ 22
                 
アルミニウム摂取の危険性について我が家では長女が誕生した24年前くらいから知っていた。
ということは、もっと意識の高い人はその前から知っていたということでしょうね。

今日のニュースで聞いたのは厚労省が平成23~24年度に1~6歳の子どものアルミニウム摂取量を調査した結果、平均値は体重1キログラム当たり0・86ミリグラムで、WHOの専門家会議で言われている1週間の摂取量の上限2ミリグラムを超えていた子どもが5%いたということだ。

なので、食品添加物に含まれるアルミニウムの許容摂取量の基準値を設定して規制する。
当面はメーカーが自主的に使用量を減らすようにとのことだ。

今になって、世界保健機関(WHO)基準に合わせようと言うわけだ。


で、専門家会議は「すぐに健康に問題が出るわけではない」(どこかで聞いた言葉だなぁ)
「普通のバランスの良い食事をしていれば問題はない」(普通って????)
と言う。

しかもニュースでは大手の菓子パンメーカーでは数日前からアルミニウム入りの添加物を減らすことを決定している。とも言っていた。


もちろん子ども達にとって悪い話ではないが
しかし、どうも腑に落ちないことがあって、何が何だか分からなくなる。

「いまさら?」の話だし
もっと大事なことが山積みのこの時期に、これまで野放しだった食品添加物のアルミの基準?
ニュースになった時点で大手の菓子パンメーカーはすでに手を打っているというし

いったい何が起こったのかしら?

記事はコチラ↓
食品添加物のアルミ規制へ(msn産経ニュース)