プロフィール

三宅桂子

Author:三宅桂子
公式HPはこちら

http://miyake-keiko.com/

*一男三女の母 。

*発達障がいの子(社会人)あり。

*別居ながら約5年間両親の介護を経験。

*雇われない働き方、ワーカーズコレクティブ、メンバー

*千葉県認定 養育里親(子どもを受け入れる家庭)

*現在は夫と実子2人+里子との生活

*「天賦の才能は人それぞれ。できることはやる」がモットー


※船橋市議会会派
「市民社会ネットワーク」
※議会運営委員会委員
※健康福祉委員会委員


最新記事


カテゴリ


DATE: CATEGORY:未分類
船橋市内で「DV根絶パネル展」を開催していた10月6日(土)

世界で一番発行されている読売新聞、東京本社版で
一面トップになった記事はというと

「生活保護 10市区から1000万」
昨年死亡33歳の女
照会拒み不正受給

「読売新聞」の文字のすぐ下には
黒地に白抜きで「私はDV被害者」との文字が

何を意図しての一面トップかといえば

不正受給者報道→生活保護費受給者いじめ→弱者口封じ

付け加えて
密室で起きるDV被害についても
『こんな風に嘘をつく女にだまされるな!!』キャンペーン
と見た。

同じ日、身の毛もよだつ
青森のアパートで首輪で繋がれ死亡している女性が見つかったニュース。
http://news.livedoor.com/article/detail/7022651/

現実は事件で明らかになる数倍も数十倍も被害者がいるし
DVは密室での暴力に限らず
相手を支配下に置こうとする言動の全てをいうのだが
DVに対する人々の理解が深まる前に情報を操作しようとの意図が見える。

生活保護制度とDV被害者保護を悪用した、たった一人の事件を一面トップにするなんて。

さすがは出張先のビジネスホテルに無料で山積みにされていたり
ファミレスで無料でテーブルの上に置かれている新聞。

湯水のように発行できる財力はどこから来るのでしょう?

自称カシコイ方々が我々一般庶民に、
何も気づかず、考えず
おとなしく働いて納税し、
追及もしない事を求めていることだけはわかります。


copyright © 2017 三宅桂子の『言いすぎちゃったらごめんなさい』 all rights reserved.Powered by FC2ブログ