プロフィール

三宅桂子

Author:三宅桂子
公式HPはこちら

http://miyake-keiko.com/

*一男三女の母 。

*発達障がいの子(社会人)あり。

*別居ながら約5年間両親の介護を経験。

*雇われない働き方、ワーカーズコレクティブ、メンバー

*千葉県認定 養育里親(子どもを受け入れる家庭)

*現在は夫と実子2人+里子との生活

*「天賦の才能は人それぞれ。できることはやる」がモットー


※船橋市議会会派
「市民社会ネットワーク」
※議会運営委員会委員
※健康福祉委員会委員


最新記事


カテゴリ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
以前にブログに書いた野田剛彦市議の政務調査費不正受給疑惑ですが、
結局、政務調査費の使途を調査する百条委員会の設置は否決されました。

我が会派市民社会ネットが
船橋市議会会議規則 第71条 

議長が必要があると認めるとき、
又は出席議員5人以上から要求があるときは、
記名又は無記名の投票で評決をとる。

の規則により動議を出し、

市民社会ネット4名、共産党7名、
みんなの党から1名の合計12名の要求で記名投票となりました。

記名投票は、国会でよく見る白か青の票を持って登壇し、
議会事務局の職員に渡し、
中身の見える透明なBOXに入れて行くという方法で、
船橋市議会で行われるのは48年ぶりとのことでした。

票は、新しい議員が当選するたびに作って準備しているので
当選の期によって色や字体が変わっていました。
48年ぶりなので、議場にいる全ての議員にとって初めてのことでした。

結果は、4人が議場を退場して態度表明せず、賛否は同数。

議長の決断によって決まる場面で議長は否決しました。


以下に新聞2紙の記事を掲載しておきます。

9/28千葉日報(県西版)

可否同数、議長裁決で否決
     首相弟市議めぐる百条委案  船橋市議会
 野田佳彦首相の実弟で船橋市議の野田剛彦氏が政務調査費約134万円の不正受給の疑いを指摘され、「違反はない」としながらも返還した問題で、野田市議の政務調査費の使途を調査する特別委員会(百条委員会)設置を求める発議案が、27日の船橋市議会本会議で否決された。
 同発議案は共産党が提出。採決(定数50)では、同日午前中の議会運営委員会で賛成に回っていた最大会派・自由市政会の一部議員が退席し、22対22の可否同数に。議長裁決となり、同会派の佐藤新三郎議員が反対に回って否決された。野田市議が所属する民主党も反対した。
 同市議会事務局によると、野田市議が返還したのは、2007、2009~2011年度に受け取った政務調査費の一部。これらは野田首相の政策秘書が役員を務める2社に依頼した「市民意識調査」などの費用として受領していたが、不正受給の疑いが指摘されていた。
 

9/28毎日新聞(千葉北西版)

船橋市議会 百条委員会設置を否決
     野田議員政調費使途問題
 船橋市議会は9月定例会最終日の27日、野田剛彦議員の政務調査費の使途について「百条委員会」を設置する発議案を採決。可否同数のため、議長裁決隣否決された。野田議員は、野田佳彦首相の実弟で、市の政務調査費約134万円を7月に返還していた。
 野田議員の政務調査費を巡っては、産経新聞が「不正受給の可能性」を指摘。佐藤重雄議員(共産)が「議会として調査する必要がある」と百条委員会設置の発議案を提出した。
 採決で最大会派の自由市政会(14人)が賛成したが、うち4人が退席。同会派出身の佐藤新三郎議員が反対に回った。佐藤議長は取材に「議員が議員を追い詰めるのは市民から見てなじまない」と述べた。【市村一夫】

=====================================

ちなみに自由市政会の退席議員とは、ベテランの
(8期)(5期)(5期)議員さん。
本会議中に、最も離れた席にも楽しそうなおしゃべりが届いてくる議員さん達です。
そして、女性(3期)でした~。
退席していなければおそらく反対だったんでしょうね、
会派は賛成だったわけですから。

皆さんいろいろ考えているんですね。

他の会派の議員さんの反対理由を聞いてみたら「以前、共産党に名指しで政務調査費疑惑をビラに書かれ、潔白なのに大迷惑した!」というものでした。

正義と信じることもやり方次第、
最初に産経新聞が書いた背景にも色々あるようだし
スパッとキレイにとは行かないものです。



copyright © 2017 三宅桂子の『言いすぎちゃったらごめんなさい』 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。