プロフィール

三宅桂子

Author:三宅桂子
公式HPはこちら

http://miyake-keiko.com/

*一男三女の母 。

*発達障がいの子(社会人)あり。

*別居ながら約5年間両親の介護を経験。

*雇われない働き方、ワーカーズコレクティブ、メンバー

*千葉県認定 養育里親(子どもを受け入れる家庭)

*現在は夫と実子2人+里子との生活

*「天賦の才能は人それぞれ。できることはやる」がモットー


※船橋市議会会派
「市民社会ネットワーク」
※議会運営委員会委員
※健康福祉委員会委員


最新記事


カテゴリ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
あまりに衝撃的判決で
どうブログに書けば自分の思いが表現できるか躊躇してしまった判決は
すでにニュースでも取り上げられているのでご存知の方も多いと思うが、
30年間ひきこもりののち、姉を殺してしまったアスペルガー症候群の男性(42)に対し、求刑16年を越える20年の判決が下された。

求刑を上回る判決の理由として「社会的受け皿がなく、再犯の恐れが強い」
「許される限り長期間、刑務所に収容することが社会秩序の維持に資する」とまで言い切っている。
まさに衝撃的。
これこそが国民感情の最たるものということか。

事件に至る長い期間、家族の抱えていた問題として
誰が好き好んでひきこもるのか?という問題があるのだが、
家族も社会も答えを見つけられずに30年放置されていたと言うことだ。
そしてそんな家庭は少なくない。

本人は認知に間違いが起こりやすい脳の機能障がいで生まれてきているが
社会は認知の間違いを正そうともしないのがこの判決だ。

さて、社会はわからないのか、わからないふりをしているのか。

この河原俊也裁判長についてはネットでは移動履歴程度しかわからないので知らないが
このところ地裁民事での裁判の不当な判決を見聞きし、支援するようになってわかったことがある。
裁判官にもおかしな人はたくさんいるが一般に知られていないということだ。

社会が障がいのある弱者を救済する気がなく、手のかかる人間を排除しようとしていることが白日の元に明らかになったことがこの判決で唯一の功績。
これが社会の本音だったのだ。

いやいや、本音は本音として、あるべき支援とは別問題でしょう!

私だって「めんどくさいよー」と本音炸裂で子育てをしてきた。
発達障がいのある子どもを育てるのはちーっとも楽しくなんかない!
これは断言できる。

(我が家の場合で言うと)
何やったって喜ばない子達だったし、大声でびーびー泣くし、
学校でパニックを起すのは当然だとしても楽しいはずの場面でもダメ。
集団のキャンプで泣かれる。
ディズニーランドで泣かれる。
夫の母と旅行中に泣かれる。
お餅つきに連れて行って泣かれる。
そのたびに車に避難して様子をみて、結局、親も涙を流しながら連れ帰る。

まるで試練の連続。
どこまで耐えられるか私を試しているのですか?神様。。。と思った。
家の中では実に落ち着いた生活ができるのだから
「ひきこもらせておけば私は楽なのかなぁ」とも思った。

我が子が楽しんだり喜んだりしない事がどんなに苦痛かなんて。。。
ごく一般的な子育てしか知らない人にわかるもんか!!!と本音では思う。

思っているものの
小学校時代、あまりの担任の理解のなさに根負けして、保護者会で「障がいがあるから大変だと思ってきましたが、ごく普通のお子さんの子育ても大変なんだなぁと思いました。」と求められる答えを言って、あとで担任に「やっとわかってもらえたのね」と言われたっけ。(遠い目)

能天気な当時の担任教師よ転任先の学校でなんとか苦労しててくれ!
あるいは被害者を増やさないうちに退職してくれ!
↑こういうのに限って教師を辞めない。

愚痴になってしまった。(^^;


社会に受け皿がないことが実刑を4年長くすることとどう結び付くのか
彼は満期まで刑務所にいたとして求刑の58歳ではなく、62歳で社会に放り出されて
さて、それでいったい何がどううまくいくのか私には理解不能だ。

ここでお知らせ。
無実の罪でおなじみ障害者郵便制度悪用事件!
     ↓
大阪地検の検事が仕掛けた罠で拘置所生活を経験した元厚生労働省局長の村木厚子さんが国から得た賠償金で設立した「共生社会を創る愛の基金」が反論の意見表明をしている。
毎日jp ↓
http://mainichi.jp/area/news/20120804ddn041040019000c.html

とにもかくにも腹が立つだけでは終わらない。
終わらせない。


copyright © 2017 三宅桂子の『言いすぎちゃったらごめんなさい』 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。