船橋市議会議員(市民ネットワーク・ふなばし代理人)のブログです。

# 三宅桂子の『言いすぎちゃったらごめんなさい』

# トンデモ親学議連

それでも国会議員か!
といってしまっては身も蓋もない
何しろ選挙で選んだのは国民なのだから
(千葉4区の有権者として、野田総理を選んだ責任は私の肩にもかかっている)

先月、抗議殺到で条例提出をあきらめた大阪維新の会の
「家庭教育支援条例案」

呆れた不見識ぶりは記憶に新しいが
その批判の嵐がまだ過ぎ去ってもいない時期に
条例案の骨子となった『親学』を推進している親学推進議員連盟が勉強会を行った。
メンバーに名を連ねている文教族の議員様方をよくチェックしてください。

お偉い国会議員の先生に講義をする講師は、
民間の教育センターの所長センセイで親学推奨者だ。
さいたま市教育相談センターといういかにも公的機関のような紛らわしい名前の
民間機関

理事長は 幼稚園の園長
所長は 埼玉県立教育センター相談部長→短大教授→短大客員教授
室長は 埼玉県立教育センター相談員→短大講師→短大付属相談センター相談員
相談員は 幼稚園教諭→主任
相談員 幼稚園教諭→副主任

ちなみに幼稚園の理事長先生は4頭の競争馬の馬主でもあるようです。
ふ~ん、お金持ちなんだ。

「親学」に変な自信を持たせた張本人は
埼玉県の上田知事のようですね。
この人のやってしまったことのツケは大きいですね。

「親学」は明星大学の高橋史朗センセイが中心になって
昔の日本の伝統的子育てを推奨されている
私だってそれなりに昔の人間なので言いたいことはボンヤリわかるつもりだが
とにかく視野が狭く、間違った認識が多すぎるので賛成できない。

あの抗議の後で、まだ抗議された内容そのものを「おべんきょう」しなければならないとは
国会議員は忙しすぎて自分の頭で考えられなくなっているんじゃなかろうか?

色々な考え方があったっていいですよ
ただ、間違っていては困ります。

# プロフィール

三宅桂子

Author:三宅桂子
*一男三女の母 。

*発達障がいの子(社会人)あり。

*別居ながら約5年間両親の介護を経験。

*千葉県認定 養育里親

*現在は夫と実子2人+養育里子との生活

*モットーは
「天賦の才能は人それぞれ」
「できることをやる」

※船橋市議会会派「市民共生の会」
※議会運営委員会委員
※健康福祉委員会委員
※広報委員会委員
※予算決算健康福祉分科会委員
※予算決算委員会理事会理事

# 最新記事

# カテゴリ

# 検索フォーム

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。