Article

                   
        

『大阪市・家庭教育支援条例(案)』

category - 未分類
2012/ 05/ 03
                 
呆れています。

大阪市会最大会派である
「大阪維新の会」が平成24年5月に、大阪市会へ提出する条例案。
(ちなみに大阪市は「市議会」ではなく「市会」

クリックしてご覧ください↓
『大阪市・家庭教育支援条例(案)』

この条例案、特に第4章で発達障害と虐待をごちゃ混ぜにしているあたりで理解のアヤシサ全開なのだが
読み進めて行くと「親がちゃんと育てれば発達障がいにならない」という誤った理解に基づいている。


(発達障害・虐待の予防・防止の基本)
15条
乳幼児期の愛着形成の不足が軽度発達障害またはそれに似た症状を誘発する大きな要因であると指摘され、また、それが虐待、非行、不登校、引きこもり等に深く関与していることに鑑み、その予防・防止をはかる


(伝統的子育ての推進)
18条
わが国の伝統的子育てによって発達障害は予防、防止できるものであり、こうした子育ての知恵を学習する機会を親およびこれから親になる人に提供する


発達障がいは育て方で防げるのではなく
理解して適切に指導を受けられれば社会性を育む事は可能ですが
あくまでも生まれつきの脳の機能障害です。

脳の血流量も違うし、神経伝達物質の分泌量も明らかに違う。
キモチの問題とか成育歴の問題ではありません。

身体の一部の動かない子に『親が愛情を注げば動くようになる』というのは間違っています。
それはちゃんと知ってほしい。
自分に都合のよい学者とだけ組むやり方は信頼を損ねます。