プロフィール

三宅桂子

Author:三宅桂子
公式HPはこちら

http://miyake-keiko.com/

*一男三女の母 。

*発達障がいの子(社会人)あり。

*別居ながら約5年間両親の介護を経験。

*雇われない働き方、ワーカーズコレクティブ、メンバー

*千葉県認定 養育里親(子どもを受け入れる家庭)

*現在は夫と実子2人+里子との生活

*「天賦の才能は人それぞれ。できることはやる」がモットー


※船橋市議会会派
「市民社会ネットワーク」
※議会運営委員会委員
※健康福祉委員会委員


最新記事


カテゴリ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
4/3 初めて船橋港の水神祭に参加。

海上安全、豊漁を祈願する伝統行事で船上で奉納、神事。
神事

市長代理の副市長、地元出身の総理大臣代理、に引き続き
東京電力京葉支社支社長の挨拶。。。。。。。。。。
東電

=======================================
放射性物質を拡散した責任があると言うことでお詫びの挨拶でしたが、
それにしてもいくら言葉を尽くされても元には戻りません。
今日も太平洋には放射性物質が流れ出しています。
東電さんは「アレは誰のものでもない無主物だ」と言ってますよね。

私の心が狭いんでしょうかね~やはり東電社員にムッカムカしました。
3月28日に閉会した船橋市議会でも
東電議員さんが『CO2削減しないと人類の未来はない』←(あえて今この質疑?)
『たとえ冠婚葬祭の一時的な立て看板であっても電柱にくっつけるなら料金をとるべき』
『電柱には選挙ポスターでさえも貼れないのに』の発言にもムッカムカ。
何様やねん!議員様か!

いかんいかん

東電よ、爆発事故前に戻せ!
と言っても無理なのでもっと人の痛みを理解しようと努力して誠意のある対応をしてくれ!!
=======================================

海はまるで何事もなかったかのようにいつもの姿で迎えてくれ
あ~ぁ本当に『人知』なんて思いあがってはいけないなぁとしみじみ思いながら
船3艘に仕立てた宴席で波に揺られていた。

勢いよくはためく大漁旗の彼方にららぽーとが見えている船橋ならではの風景。
大漁旗

22歳、23歳のイケメン漁師さんたちの将来もかかっている漁業、
生計が成り立たないので若い人が働けない農業、

直接、食料自給率に関わる第一次産業をないがしろにしてきたツケは大きい。
この国の今の豊かさは幻なのだと早く気付いて方向修正しなければマズイことになるし
東日本大震災の被害から広域瓦礫処理しか思いつかないような政府では未来はない。



copyright © 2017 三宅桂子の『言いすぎちゃったらごめんなさい』 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。