プロフィール

三宅桂子

Author:三宅桂子
公式HPはこちら

http://miyake-keiko.com/

*一男三女の母 。

*発達障がいの子(社会人)あり。

*別居ながら約5年間両親の介護を経験。

*雇われない働き方、ワーカーズコレクティブ、メンバー

*千葉県認定 養育里親(子どもを受け入れる家庭)

*現在は夫と実子2人+里子との生活

*「天賦の才能は人それぞれ。できることはやる」がモットー


※船橋市議会会派
「市民社会ネットワーク」
※議会運営委員会委員
※健康福祉委員会委員


最新記事


カテゴリ


DATE: CATEGORY:未分類
校舎の建て替え工事が終わって、後は備品の搬入を待つだけになった西海神小学校の内覧会に行った。

校章

昇降口を上がってすぐに設置されている多目的トイレ
中には車いす用トイレ、おむつ替え台、赤ちゃん用お座りスペース、着替え用の台、汚れ物も洗える水道、緊急時に横になるための折りたたみベッドなど

保健室には壁に収納でき、必要な時に引き出して使うベッド
保健室

トイレに近づくと自動的に照明がつきます。
トイレと手洗い場
女子トイレ

しきることができる多目的スペース
多目的スペース

上履きのまま出て遊ぶことのできる中庭
中庭

北側の手洗い場の鏡は天井高、照明をつけた時に明るさを2倍にできます。
広くて明るい図書室にはくつろいで本に触れることができる畳スペースもあります。

1階の暗くなりがちな教室は天井を格子にして明かりとり
採光

西日のあたるベランダには、教室に入る西日との付き合い方を計算して、夏は涼しく、冬は温かくなるように上階から下がりのルーバーがあったり、柱の形も日差しとの関係をよく考えている。

屋上にはもちろん太陽光発電パネルが設置されているが、日光を十分に活用できるよう設計されているので校内で利用する電気に関してはほぼ賄えるとのこと。

最近の建築設計は自然といかに付き合うかということをよく考えている。
TVのリフォーム番組が好きでよく見ているので最近の傾向として建築は自然の力を借りる発想になっているのだと実感した。

原発を推進するような輩と違って健全な成長だなぁと思った。



copyright © 2017 三宅桂子の『言いすぎちゃったらごめんなさい』 all rights reserved.Powered by FC2ブログ