プロフィール

三宅桂子

Author:三宅桂子
公式HPはこちら

http://miyake-keiko.com/

*一男三女の母 。

*発達障がいの子(社会人)あり。

*別居ながら約5年間両親の介護を経験。

*雇われない働き方、ワーカーズコレクティブ、メンバー

*千葉県認定 養育里親(子どもを受け入れる家庭)

*現在は夫と実子2人+里子との生活

*「天賦の才能は人それぞれ。できることはやる」がモットー


※船橋市議会会派
「市民社会ネットワーク」
※議会運営委員会委員
※健康福祉委員会委員


最新記事


カテゴリ


DATE: CATEGORY:未分類
千葉県船橋市は高度成長期が過ぎ去ってもバブルがはじけても、今後、老人人口が増えることがわかっていても人口が増え続けている中核都市。

今年に限っては人口の流入が激減したが(おそらく原発事故の影響)今後も新しいコミュニティの建設が予定されている。

漁港があり魚やアサリ、のりが獲れる。
農業も盛んで農産物の種類も豊富。
工業団地があり、大規模商業施設ららぽーともIKEAもある。
競馬場が二つ、オートレース場もある。
鉄道は9路線35駅あり
首都圏のベッドタウンとして大規模マンションが多数建設されている。

でも
問題も山積。

30数年前のニュータウンは老朽化
建て替えに伴って住み慣れた人々が離れて行きコミュニティが崩壊
建設ラッシュがあったように老朽化もラッシュ

鉄道9路線35駅、363のバス停留所があるのに交通不便地域問題がある。

小中学校の耐震化率は来年度千葉県内ワースト1位決定。

工業地区にマンションが建設されるため学区内の小学校は満杯

H27年度1500戸の住民が移住してくる地域の子が通う予定の小学校はなんと3キロ先
子どもの足で1時間近くかかる。

これが中核都市、船橋の現状。

子どもの問題は数年間しのげば義務教育期間が終わるので過ぎってしまえば行政の勝ち!

お金がないわけじゃないのに
つぎはぎの服を着て、対処療法で命を繋ぎ、
部分的にリフォームしながら生活しにくい家に住んでいるような気がするのは私だけ?


copyright © 2017 三宅桂子の『言いすぎちゃったらごめんなさい』 all rights reserved.Powered by FC2ブログ