Article

                   
        

清掃工場、焼却灰測定結果

category - 未分類
2011/ 12/ 21
                 
以下、遅くなりましたがご報告です。

平成23年12月13日

   船橋市清掃工場の焼却灰等の放射性物質測定結果について

 環境省から関東、東北の15都県の一般廃棄物焼却施設に対し、焼却灰の放射性物質
(放射性セシウム)の測定の要請があり、北部、南部の清掃工場で発生した焼却灰等の放
射性物質を測定しました。
 測定結果については、両清掃工場共に環境省の「一般廃棄物焼却施設における焼却灰
の測定及び当面の取扱いについて」平成23年6月28日事務連絡)から埋立処分が可能
な放射性セシウム8,000Bq/kg以下となっています。
 焼却灰等に含まれる放射性セシウム等の濃度については、今後も測定を行い経過観察
を行ってまいります。

平成23年12月測定結果 単位:Bq/kg

北部清掃工場                    
                セシウム セシウム
         (ヨウ素131)(134) (137)(セシウム合計)
主灰  H23.12.5 不検出 184 234 418
飛灰  H23.12.5 不検出 1,020 1,290 2,310
流動床砂H23.12.5 不検出 268 357 625


南部清掃工場
              セシウム セシウム
   (ヨウ素131)(134)(137) (セシウム合計)
主灰  H23.12.5 不検出 106 132 238
飛灰  H23.12.5 不検出 1,240 1,590 2,830

「主灰」ごみを燃やした際に残ったもので、焼却炉から排出される灰。
「飛灰」排ガス中に含まれるダストを集塵器などで捕集したもの。
「流動床砂」ごみ焼却に使用する流動用の砂。

問合せ : 環境部クリーン推進課
047(436)2433