プロフィール

三宅桂子

Author:三宅桂子
公式HPはこちら

http://miyake-keiko.com/

*一男三女の母 。

*発達障がいの子(社会人)あり。

*別居ながら約5年間両親の介護を経験。

*雇われない働き方、ワーカーズコレクティブ、メンバー

*千葉県認定 養育里親(子どもを受け入れる家庭)

*現在は夫と実子2人+里子との生活

*「天賦の才能は人それぞれ。できることはやる」がモットー


※船橋市議会会派
「市民社会ネットワーク」
※議会運営委員会委員
※健康福祉委員会委員


最新記事


カテゴリ


DATE: CATEGORY:未分類
ホームレス支援をしている「市川ガンバの会」の夜回りに参加させてもらった。

子どもの病院の帰りだったので子ども2人を連れての参加。
まずは注意点を説明してもらう。

大事なことは3つ

①懐中電灯で相手の顔を照らさない。
②話しかけるときは立ったままではなく相手と同じ目の高さで。
③大勢で取り囲むと恐怖を与えるので2人以上の場合は少し離れた所で待つ。

当たり前と言えば当たり前なのだが
なんとも人としての尊厳を認めた温かい言葉でうれしくなった。

うちの子どもたちも、おにぎり作りを手伝い
カンパしておにぎりを分けてもらう。

何度も顔を合わせ、言葉を交わして、信頼してもらい
屋根のある部屋で生活しましょう、お手伝いします。と申し出て
これまでの活動で市内の約6割の野宿生活者にアパートに入ってもらったそうだ。

船橋で追い立てにあってとなりの市川市に流れて行く人もいると元ホームレスの人から聞いて憤慨する。

さすがダメ船橋だな。

船橋での支援はアヤシイ団体しかないようだ。
なんとかせにゃ!!

人間関係が下手、施設で育った、天涯孤独、知的障害がある等々
本人のせいじゃない背景がある。
お酒に溺れてしまうことだって自己責任と言うにはあまりにも悲しい状況がある。

「動けるうちは」とアパートに入る支援を断る人がいる。

私も昔は「あんな人になったらダメだ」と思っていたっけな~

無知だったな~




copyright © 2017 三宅桂子の『言いすぎちゃったらごめんなさい』 all rights reserved.Powered by FC2ブログ