プロフィール

三宅桂子

Author:三宅桂子
公式HPはこちら

http://miyake-keiko.com/

*一男三女の母 。

*発達障がいの子(社会人)あり。

*別居ながら約5年間両親の介護を経験。

*雇われない働き方、ワーカーズコレクティブ、メンバー

*千葉県認定 養育里親(子どもを受け入れる家庭)

*現在は夫と実子2人+里子との生活

*「天賦の才能は人それぞれ。できることはやる」がモットー


※船橋市議会会派
「市民社会ネットワーク」
※議会運営委員会委員
※健康福祉委員会委員


最新記事


カテゴリ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
放射能汚染対策に鈍感な人たちに多く接してきてわかったこと。
それは、「この人達は、これまでも、これからも生き残る人たちなんだろうな」と言うこと。

知人にとてもにこにこした感じの良い奥さんがいる。
子どもの学校のPTA役員も率先して引き受け、その才能を遺憾なく発揮し、家族のために献身的に働く、妻の鑑であり母親の鑑のような方♪
すでに大きな3人のお子さんは病気もした事がなくお医者さんにかかったこともないと言う驚異的な健康体。

尊敬してお付き合いさせていただいていたのだが
ある一言で私の気持ちはすーっと引いた。

子どもの病気に関する話しだったのだが
彼女は言った
「子どもは、お母さんが心配するから病気になるのよね」

絶句

その目は本心でそう思っていらっしゃる目ですね。
そして心の中で『だってうちの子たちを見てご覧なさい』と思っていらっしゃいますね。

その側面がないとは申しませんよ。
ただねー
病気になった経験があって、その怖さがわかっていて心配するっていう事は理解していただけますかね?

放射能も過去にオソロシイ事実があって
その上で心配しているってこと理解できませんかね?

ずっと強者として生きてきた方々には
心の底から理解できないみたいです。









copyright © 2017 三宅桂子の『言いすぎちゃったらごめんなさい』 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。