船橋市議会議員(市民ネットワーク・ふなばし代理人)のブログです。

# 三宅桂子の『言いすぎちゃったらごめんなさい』

# 第2回定例会

昨日5/26から平成26年第2回定例会が始まった。
浦田委員の辞任により議会運営委員に着任し、初めての議会運営委員会に出席した。
これまでも傍聴は何度かしてきたが、やはり会派を背負っての委員は緊張する。

と・こ・ろ・が

条例案の提出会派に質問したが、「なんだかよく知らないが~」みたいな回答でゲッソリだった。
こんないい加減な提出で議会が一致して条例作成に至るとは思えない。

自分が考えた条例案ではないとしても運営委員会に提出する以上は理解して提出しなくても良いのか???
それが8期も議員を務めた人だから・・・1期の私なんか鼻たらして「でんでんわかりまてんーー!」で良いのか?
・・とはいかないでしょうね。

1期目の議員であれやこれや委員を務めた人が言い逃れ上手に成長していく姿を見て、これが政治家らしく成長するということなのか~と思っていたが、私にはとても無理だな。
カタチを作るのが苦手で困ったものです。



 | ホーム | 

# せっけんの街 

「自分の住んでいる街の池や沼、川の水をきれいにしたい、結局汚したその水は自分たちの飲み水になるのだから」と活動してきた人達がいる。
生分解性に着目して、素早く自然に分解されるせっけんを使おうと運動してきた人達がいる。
自分たちでせっけん工場を作り、納得のいく、使い勝手のよい石けんを研究し続けている人達がいる。
障がいを持つ人達を受け入れて作業を手伝ってもらっていたりする。
そんな人達と一緒に手を取り合ってせっけん普及を続けてきた活動が30周年を迎えた。
途中からNPO法人になったので、NPOの総会に参加してきた。
sekkensoukai1.jpg

ちかごろどう考えても助成金を引き出すことを目的としてNPO法人を設立するようなとんでもない輩が増殖してきてウンザリしている。
これは助成金を出している行政がしっかりとチェック機能を持てば良い事だと思うのだが、無理なのだろうか?
せっけんの街のように手弁当で頑張ってきた人達はもちろん何をどう調べてもらっても困らない。

市民ネットワークでは「元気ファンド」というファンドを作って市民活動に助成しているが、審査を通過して助成した団体には『何に使ってどんな活動をしたのか』次の年のファンド審査の時に来てもらい、報告&交流会を開いている。
 
生きたお金の使い方とはこういうことだと思うのだが
行政も渡した後のお金のチェックも怠らないでいただきたい。

石けん工場で働いている人達。
sekkensoukai2.jpg

私が代理人になるのと入れ替えに船橋から神戸に引っ越されてしまった元せっけんの街理事長の比戸さん。
スッキリ痩せてお綺麗になられていました。(^^
sekkensoukai3.jpg
 | ホーム | 

# 風評被害の概念

風評被害についてどう説明されているのか
ネット上で検索できる範囲の辞典(自称辞典も含む?)で比較してみます。

【goo辞典】
根拠のない噂のために受ける被害。特に、事件や事故が発生した際、不適切な報道がなされたために、本来は無関係であるはずの人々や団体までもが損害を受けること。例えば、ある会社の食品が原因で食中毒が発生した場合、その食品そのものが危険であるかのような報道のために、他社の売れ行きにも影響が及ぶことなど。

【ニコニコ大百科】
報道がなされたために、本来は無関係であるはずの人々や団体までもが損害を受けること。例えば、ある会社の食品が原因で食中毒が発生した場合、その食品そのものが危険であるかのような報道のために、他社の売れ行きにも影響が及ぶことなど。

【Wikipedia】
風評によって経済的な被害を受けること。
(風評→噂)

【三省堂 大辞林】
事故や事件の後,根拠のない噂(うわさ)や憶測などで発生する経済的被害。

【新語時事用語辞典】
必ずしも事実であるという根拠を伴わないまま世間で取り沙汰されている情報(風評)の煽りを受けて被る害。風評による被害。

風評は、それが事実か否か、根拠ある情報なのか根も葉もない情報に過ぎないのか、といった観点を度外視して、まことしやかに語られる噂である。風評被害を耳にした者は、それを鵜呑みにするとまでは行かなくても、念のため遠ざけておこうといった心理にはなりやすいと言える。結果として風評の対象は経済的な害を被るに至る。

2011年3月に東京電力福島第一原子力発電所で原発事故が発生し、福島県の太平洋沿岸地域や福島県産の作物などは、放射能に関する風評がとかく発生しがちとなっている。

【原子力防災基礎用語集(文科省)】
風評被害(対策)
悪いうわさや評判など捉えどころのない風評によって、商品やサービス自体には何ら問題がないにも関わらず、それらが忌避されることにより、生産者が経済的に損害を被ることを風評被害という。 1999年のJCO臨界事故の際に、近隣の農産物が売れず、観光客が減少するなどの風評被害があった。防災基本計画には、原子力緊急事態解除宣言後の災害復旧計画として、「国及び地方公共団体は、風評被害等の影響軽減のための広報活動を行うものとする」とある。

と言うわけで
経済的被害のことでした。
実害あって経済的被害を受けた上にさらに。。。と言うならまだしも
根拠のない噂で。。。とされているこの言葉は実に奥深く、罪深い言葉。

加害者(加害責任者)にとってこれほど都合のよい言葉は他に見つからないでしょう。

 | ホーム | 

# 我儘

年をとると子どもに戻るのでしょうか。
今日の委員会は年配の議員さんの我儘全開ぶりに辟易としました。

確かな野党も結構ですが
自分の主張が我儘の域に入ってしまっているのでは?と
振り返ることができなくなるほどその座に長居するのは。。。

あー、こんな事を書いたと知れたら
理念でどれだけやられるかわかりませんので是非ご内密に。


 | ホーム | 

# 憲法記念日

憲法記念日の新聞全国紙の意見広告がすごい
これは全て市民の声
多くの市民が少しの賛同金を持ち寄って新聞に意見広告を出したもの
これを国民の声と言わずになんと言おう。

逆に、憲法記念日に改憲に関する広告を出すことも可能なはず。
いつの時代も権力派が恐いのは表立った意見交換を極力少なくして
いつのまにかアリバイを作り、思う通りにコトを進めてしまうこと。
主権在民である以上、姑息なやり方は許されない。

それは国レベルだけでなく、自治体行政も心しておかなければならないだろう。


政治活動に関係しない賛同者の名前がカラー刷りになっていて
「殺すな」の文字が浮かび上がっている。
goken3.jpg

国民が主権者である!
goken5.jpg

わざわざコンビニで購入した日経新聞。
しかもこれが一番過激かもしれない。
goken2.jpg

この意見広告には私も賛同しています。
goken4_2014050509443050e.jpg

自国の海域周辺でできることを増やす話しならまだ議論の余地があると思うが
なにも地球の裏側まで行かなくてもいいはずだ。

とにかく戦争できる国にしたくない。

 | ホーム | 

# プロフィール

三宅桂子

Author:三宅桂子
*一男三女の母 。

*発達障がいの子(社会人)あり。

*別居ながら約5年間両親の介護を経験。

*千葉県認定 養育里親

*現在は夫と実子2人+養育里子との生活

*モットーは
「天賦の才能は人それぞれ」
「できることをやる」

※船橋市議会会派「市民共生の会」
※議会運営委員会委員
※健康福祉委員会委員
※広報委員会委員
※予算決算健康福祉分科会委員
※予算決算委員会理事会理事

# 最新記事

# カテゴリ

# 検索フォーム

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# QRコード

QR