船橋市議会議員(市民ネットワーク・ふなばし代理人)のブログです。

# 三宅桂子の『言いすぎちゃったらごめんなさい』

# 男女共同参画センター横浜

4月16日

男女共同参画センター横浜南(フォーラム南太田)
で実施されているガールズ支援の取組について視察させてもらった。
就労支援の現場での女性の少なさに着目して調査したところ
『家事手伝い』として表面に現れにくい女性の無職
都合の良い時だけ便利に家事に、子育てに、介護にと利用されてしまい自立しにくい状況があること。
「結婚すればよい」との考えも聞こえてくるが
そんな理由で簡単に結婚できるわけでもない。

学校生活でのいじめや就労先での失敗体験など
自分に自信が持てなくなる経験を重複して持っている

支援メニューの一つであるめぐカフェ
megu1.jpg

この日から新メニュー「さくらマフィン」登場
megu2.jpg

ランチは身体にやさしいスープと天然酵母のパン+ドリンク
2種類のスープから1種類選んでも良し、2種類でも良し♪
megu3.jpg

ふと見ると「災害時における男女共同参画センターの役割調査報告書」が!
まずは視点、そして調査力、それを活かそうと実践する行動力。
見習いたいものです。
megu4.jpg
スポンサーサイト
 | ホーム | 

# 世界自閉症啓発デー

jkiboru.jpg

ブルーは自閉症の人が最も好む色だと言われています。

jnobori.jpg

本当に誤解を招くことが多い自閉症。
なにしろ「自閉症」という障がい名は「自ら閉じている」かのようなイメージを与えるのでもうそろそろ何か別名を考えたほうが良いのでは?とずっと思っているのですが~。
jposuta.jpg

市民ネットワークいちはらの市議である小沢みかさんも参加する県立市原特別支援学校保護者による「きゃらばん隊いちょう」の公演を観に行ってきました。
自閉症の子どもの視野の狭さや困り感を疑似体験できるコーナーもありました。
この写真はペットボトルを使って視野の狭さを体験しています。
jgiji.jpg

私が体験したのは
「相手の言っていることが理解できない世界ではどんな気持ちになるか」でした。

blank">キャラバン隊三宅

自分に話しかけてくる人の言うことが理解できない。
理解できないことで相手がイライラして大きな声になり足をふみならす、
そんな状況におかれた私はとても、とても不安になりました。
言葉の通じない状況を救ってくれたのは絵の描かれたカード、そしてジェスチャーでした。

話しかける時に注意すること、やってはいけないことなどを
理解しておくだけで自閉症の人をパニック状態にしなくてすみます。

コミュニケーション方法を考える体験としても
誰もが一度はやってみた方が良い!!と自信を持って言えます。
中学校などでやってほしいなぁ。

伝えようと思うことがうまく伝わらない時
理解できない人をばかにするのではなく
理解できる方法を考えて伝わる努力をしていくのが正しいコミュニケーションの方法!

いじめ問題を無くすことにだって繋がるのでは?
夫婦喧嘩だって減るのでは?

「ひび割れ壺」の朗読もありました。
jhibiware.jpg

とても心を打つお話です。

私自身も『ひび割れ』で、水をこぼしながら生きている。
ひびが入っていることがときどきとても辛く、悲しく、恥ずかしくなるけれど
でも、私は私。
私にしかできないこともある。
・・・う~・・・泣きそうです。


足が不自由な人には杖や車いす、目の不自由な人には点字や盲導犬、耳の不自由な人には手話があるように、自閉症の人には周囲がその特性を理解することで不自由さが少しでも解消されます。
jsaport.jpg

そして、こんなものも開発されて販売されていることを知りました!
ニンテンドーDSのソフト「あのねDS」
このコミュニケーションツールのすごさに感激できる人はそれだけ苦労してきた人・・・なんですね。

jDSanone.jpg


 | ホーム | 

# 心電図検査結果

昨年末、新聞で話題になったのでご存知の方も多いと思うが
茨城県の取手市で子ども達が学校検診で受けた心電図検査の結果
日常生活で要観察となった子どもの割合が激増している。

これは事実。

取手の市民団体3団体が協力して調査した結果によるものだが
その一つの団体の事務局長さんからお話を聞く学習会に参加した。
船橋市民で幼い子どもを持つママが企画してくれたものだ。

お話によると

まず、原因はまだ特定できない。
しかし
とにかくデータを集めておく必要性を強く感じているとのことであった。

学校検診では小、中、高校1年生で心電図をとっているが
小、中学校のデータの保存期間は市によって違っており
県に報告するためだけに作成している状態になっている市もあるため
過去のデータは消えて行くのだと言う
しかも茨城県では高校生のデータは県にも『ない』のだという。
はたして千葉県は。。。

船橋市では学校検診の心電図検査は独自に小4でも行われており
しかも県内他市では行っていない12誘導という、多方向からの電流で詳しく解析できる方法をとっている。
市が医療センターを持っているので再検査も市が行うことができ、周辺他市に比較するとかなり手厚い検査、治療が行われている。

取手市では、H23年以降に『日常生活で要観察』と言われた子ども達の詳しい再検査は保護者の判断に任されてしまっている。
ここでは個人責任という名の格差が生まれているかもしれない。

見せてもらった客観的データで
ここ2年、要観察となった子ども達の爆発的な増え方を見て何も感じない人がいたとしたら
そして「ただちに影響はない」と言えるとしたら

そんな人に『人の親』をやる資格はないと思った。

 | ホーム | 

# 違憲どころか「無効」で大慌て

お尻に火がつくとはこのこと

「違憲状態」だ「違憲」だと
言われているうちはまだまだ余裕をかましていた政府が

さすがに「無効」との判決が続いたことであわてている
み~っともないの一言である。

2012年、暮れの慌ただしい衆院選では
船橋市だけで構成された千葉4区の1票と高知3区の1票では2.425倍の格差があった

軽いぞ船橋市民の民意(怒!!

船橋では国会議員は野田、市長は藤代でチャンチャンだったわけだし
そりゃ~選挙に興味もなくなる。
 | ホーム | 

# プロフィール

三宅桂子

Author:三宅桂子
*一男三女の母 。

*発達障がいの子(社会人)あり。

*別居ながら約5年間両親の介護を経験。

*千葉県認定 養育里親

*現在は夫と実子2人+養育里子との生活

*モットーは
「天賦の才能は人それぞれ」
「できることをやる」

※船橋市議会会派「市民共生の会」
※議会運営委員会委員
※健康福祉委員会委員
※広報委員会委員
※予算決算健康福祉分科会委員
※予算決算委員会理事会理事

# 最新記事

# カテゴリ

# 検索フォーム

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。