2013年03月

              
        

違憲

category - 未分類
2013/ 03/ 26
                 
3月14日
ダウン症の女性が成年後見人をつけたことで選挙権を剥奪されたのは違憲と東京高裁で判決が下され、
すがすがしい新聞記事に心が温かくなっていたのだが
安倍政権が控訴すると聞いてまた、もやもや状態に戻ってしまった。
「あ~生まれてきて良かった」と思える時間は短いなぁ

障がいがあっても成長するのだから
これまで何十年も行使してきた選挙権を奪われたことを不当だと思うのは当たり前だ。

成年後見人をつけるのは主に財産管理の問題なのだから
そこは分けて法整備をすれば良いだけのことだと思うのだが
とにかく何を決めるにも政治家として自分たちの立場を絡めるからおかしなことになる。

昨年の統一地方選は『違憲』であるとの判決が連日出ているが
これも誰がどう考えても当たり前。

でも心配なのは、こう立て続けに『違憲』判決が出ると
「だから憲法を変えるべき」と考える輩がいると言うこと

困った、困った

                         
                                  
        

あとは最終日を残すのみ

category - 未分類
2013/ 03/ 25
                 
一年間の予算について質疑・採決する予算特別委員の大役が終わった。
本当に疲れた

猛勉強が必要だと感じた。

もっともっと使える、役に立つ人材にならなければ。

予算に対する賛否の討論ついては
こちらをご覧ください。
    ↓
予算特別委員会討論
                         
                                  
        

久々に怒り心頭

category - 未分類
2013/ 03/ 12
                 
国の腐敗ぶりには久々に怒り心頭!

市民は日常の生活を地道にコツコツ毎日積み上げてるんだぞ
治めた税金の使い道。。それで良いと思ってるのか!!!

生活保護費削って、震災復興もまだまだで
なのに、なのに

国に「震災瓦礫焼却に協力します」と名乗りを上げた自治体が
「やります」と手を挙げたことが評価され
仕事はないけど、濡れ手に粟の交付金をもらえるそうだ。

え?仕事はないけど?
ん?働かなくても?

ニュースでは大阪府堺市の81.2億円を取り上げていたが
実はもっと巨額の交付金を受け取る自治体がある。

突出して高額なのは神奈川県平塚市

神奈川県平塚市は自民党では珍しく反原発を訴える河野太郎氏の地盤。
当の河野氏はなぜか瓦礫受け入れには賛成だったとか。。。ま・さ・か。

2011年12月には平塚市長が「焼却施設は老朽化していて受け入れは難しい」と言ったにもかかわらず一転して受け入れ表明。
そして転がり込むぞ、95.5億円! 
例えばこれを『政治力』と公言してはばからないオヤジどのは少なくない。

これが政治力だとしたらですよ
ガレキすったもんだ当時の総理大臣を輩出していた千葉県船橋市という自治体なんぞアホの見本みたいなものじゃないですか。

でも、良かった。
もしも交付団体になっていたらお天道様に顔向けができません。
違法でなければ良いのか?という話ですよ。
なにが絆。なにががんばろうニッポン。

転がり込む税金に笑いが止まらない自治体はこちら↓

【団体名と交付見込み額】

中・北空知廃棄物処理広域連合(北海道) 28.3億円
秋田県鹿角広域行政組合 2億円
秋田県潟上市 4億円
群馬県伊勢崎市 2.7億円
群馬県玉村町 11.3億円
群馬県高崎市 0.6億円
甘楽西部環境衛生施設組合(群馬県) 3.8億円
埼玉県川口市 36.3億円
秦野市伊勢原市環境衛生組合(神奈川県) 44.3億円
神奈川県平塚市 95.5億円
神奈川県逗子市 10.7億円
神奈川県厚木市 9.6億円
京都府綾部市 5.7億円
大阪府堺市 81.2億円
(共同通信配信記事より)