プロフィール

三宅桂子

Author:三宅桂子
公式HPはこちら

http://miyake-keiko.com/

*一男三女の母 。

*発達障がいの子(社会人)あり。

*別居ながら約5年間両親の介護を経験。

*雇われない働き方、ワーカーズコレクティブ、メンバー

*千葉県認定 養育里親(子どもを受け入れる家庭)

*現在は夫と実子2人+里子との生活

*「天賦の才能は人それぞれ。できることはやる」がモットー


※船橋市議会会派
「市民社会ネットワーク」
※議会運営委員会委員
※健康福祉委員会委員


最新記事


カテゴリ


DATE: CATEGORY:未分類
1月23日
西船橋駅からほど近いオフィスビルの1室にある
社会福祉法人あかね「ワークアイ・ジョブサポート」を見学させてもらった。

ワークアイ・ジョブサポートは、
社会福祉法人あかねが運営している多機能型就労支援事業所で
雇用契約を結んで就労する『就労継続A型』と企業への就職を目指す『就労移行支援』を行っている。

昨年行われた、障がい者虐待防止法についての勉強会で講師を務めてくれた中の一人、若く優秀な女性Kさんは、ワークアイ・ジョブサポートの施設長代行でもあり職業指導員でもある。
勉強会でのKさんのお話しに感銘を受け、
「いつかこの方から現場の声をお聞きして勉強させてもらいたい」と思っていたところへ

特別支援学校で息子の担任をしてくれているK先生から
「進路として視野に入れて一度見学をされてはいかがですか?」とのお声かけ

これはもう天の采配でしょう!
学校での経験がフラッシュバックを起して学校を休んでいた息子を連れて見学に伺った。

西船橋駅から徒歩わずか3分程度のビルの5階
企業のオフィスとしか思えない部屋の中で、利用者さんもスタッフさんもパソコン作業に没頭している。

ワークアイ

様々な障がいの方が自分にあった方法で作業をしている。
作業内容は、スキャニング、データ入力、Web作成保守管理、圧着はがきの印刷発行など、一般企業に必要とされる業務ばかりで納期の厳しい実務もこなしている。
発達障がい者を視野に入れた、時代に必要とされる新しい作業所だと感じた。


これまで小学校の通常学級では問題を起さない限り、いても良いお客様
特別支援学級では、刺子、ミシン、調理、農作業などの作業中心になり
特別支援学校でついに作業のみになってしまった息子
話し相手もなく居心地の悪さに耐えるだけの生活だった息子

帰り道「あそこ、良かったね」と声をかけると
「うん、良かったね」と返事が返ってきた。

いつも「・・・わからない」か「・・・ふつう」と表現しがちな息子の口から
こんなに肯定的な意見を聞けるとは思わなかった

広汎性発達障がいの診断を受けたのが7歳。
現在17歳8か月、彼が自分らしくいられる場所を求め始めて10年以上が経過している

あきらめずに社会を変えて行こう
いつかは私たち皆が弱者になるのだから



DATE: CATEGORY:未分類
長い間ブログの更新をサボってしまいました。
家族の病気もありましたが、私の心も風邪を引いてしまったようで
必要最低限の活動しかできていませんでした。
ごめんなさい

同じ会派の議員から引き継いで、現在広報委員をしています。
新年早々、町田市と立川市にバスで日帰り視察に行ってきました。


写真を後でUPします。

今月末には三重県議会、津市議会、鳥羽市議会への視察もあります。
DATE: CATEGORY:未分類
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

時間だけは平等に過ぎ去っていきますね。

さて新年早々
【拡散希望】との情報が来ました。
『こっそり衆議院HPにUPされている情報』とのことで
メールを読んでみると


2011年去年の秋に、衆議院の議員団が、
ウクライナなどの現地やIAEAの関係者などを訪問したことがあった。

どうやら、チェルノブイリの博物館を訪れた際に、
相手側から渡されたものをそのまま翻訳して、
衆議院のホームページに載せたようだ。
読めば、チェルノブイリでおきたことが
誰にでも伝わる内容がHP上に掲載されている。

報告書は、簡便にまとまっていて、尚且つ論旨が一貫して、大変読みやすい。
チェルノブイリレポートが良くも悪くも、大部の報告の集積、
事典のようなもので、調べるためには、役に立つが、通読は大変。
しかし、これは、楽にしかも、きちんと頭に入る。

といった内容でした。
すぐにリンクの貼ってあったHPへ行ったのですが
すでに削除された後でした。

危険を煽るようなことはしたくないのですが
日本で福島原発事故が終わっていないと言うことは、どうぞ皆様お忘れなく。
そして
2011年3月に福島で原発が爆発して放射能がまき散らされた時
私たちには何の情報も与えられなかったこともお忘れなく。

外国人はみな急いで母国へ帰り、
情報を持っていた企業の人たちは家族を西へと逃がしました。
その事実は決してお忘れなく。

というか忘れるも何も
この事実さえ知らない人が多いんでしたっけね。

空気も水も結局全世界がつながっていると知れば
重きを置くのはどこなのかわかりそうなものですが。。。

今年も頑張ります。

copyright © 2017 三宅桂子の『言いすぎちゃったらごめんなさい』 all rights reserved.Powered by FC2ブログ