船橋市議会議員(市民ネットワーク・ふなばし代理人)のブログです。

# 三宅桂子の『言いすぎちゃったらごめんなさい』

# 議長裁決

以前にブログに書いた野田剛彦市議の政務調査費不正受給疑惑ですが、
結局、政務調査費の使途を調査する百条委員会の設置は否決されました。

我が会派市民社会ネットが
船橋市議会会議規則 第71条 

議長が必要があると認めるとき、
又は出席議員5人以上から要求があるときは、
記名又は無記名の投票で評決をとる。

の規則により動議を出し、

市民社会ネット4名、共産党7名、
みんなの党から1名の合計12名の要求で記名投票となりました。

記名投票は、国会でよく見る白か青の票を持って登壇し、
議会事務局の職員に渡し、
中身の見える透明なBOXに入れて行くという方法で、
船橋市議会で行われるのは48年ぶりとのことでした。

票は、新しい議員が当選するたびに作って準備しているので
当選の期によって色や字体が変わっていました。
48年ぶりなので、議場にいる全ての議員にとって初めてのことでした。

結果は、4人が議場を退場して態度表明せず、賛否は同数。

議長の決断によって決まる場面で議長は否決しました。


以下に新聞2紙の記事を掲載しておきます。

9/28千葉日報(県西版)

可否同数、議長裁決で否決
     首相弟市議めぐる百条委案  船橋市議会
 野田佳彦首相の実弟で船橋市議の野田剛彦氏が政務調査費約134万円の不正受給の疑いを指摘され、「違反はない」としながらも返還した問題で、野田市議の政務調査費の使途を調査する特別委員会(百条委員会)設置を求める発議案が、27日の船橋市議会本会議で否決された。
 同発議案は共産党が提出。採決(定数50)では、同日午前中の議会運営委員会で賛成に回っていた最大会派・自由市政会の一部議員が退席し、22対22の可否同数に。議長裁決となり、同会派の佐藤新三郎議員が反対に回って否決された。野田市議が所属する民主党も反対した。
 同市議会事務局によると、野田市議が返還したのは、2007、2009~2011年度に受け取った政務調査費の一部。これらは野田首相の政策秘書が役員を務める2社に依頼した「市民意識調査」などの費用として受領していたが、不正受給の疑いが指摘されていた。
 

9/28毎日新聞(千葉北西版)

船橋市議会 百条委員会設置を否決
     野田議員政調費使途問題
 船橋市議会は9月定例会最終日の27日、野田剛彦議員の政務調査費の使途について「百条委員会」を設置する発議案を採決。可否同数のため、議長裁決隣否決された。野田議員は、野田佳彦首相の実弟で、市の政務調査費約134万円を7月に返還していた。
 野田議員の政務調査費を巡っては、産経新聞が「不正受給の可能性」を指摘。佐藤重雄議員(共産)が「議会として調査する必要がある」と百条委員会設置の発議案を提出した。
 採決で最大会派の自由市政会(14人)が賛成したが、うち4人が退席。同会派出身の佐藤新三郎議員が反対に回った。佐藤議長は取材に「議員が議員を追い詰めるのは市民から見てなじまない」と述べた。【市村一夫】

=====================================

ちなみに自由市政会の退席議員とは、ベテランの
(8期)(5期)(5期)議員さん。
本会議中に、最も離れた席にも楽しそうなおしゃべりが届いてくる議員さん達です。
そして、女性(3期)でした~。
退席していなければおそらく反対だったんでしょうね、
会派は賛成だったわけですから。

皆さんいろいろ考えているんですね。

他の会派の議員さんの反対理由を聞いてみたら「以前、共産党に名指しで政務調査費疑惑をビラに書かれ、潔白なのに大迷惑した!」というものでした。

正義と信じることもやり方次第、
最初に産経新聞が書いた背景にも色々あるようだし
スパッとキレイにとは行かないものです。


スポンサーサイト
 | ホーム | 

# 原発労働の現場から

9月29日(土)船橋勤労市民センターで
船橋市在住の元原発作業員、弓場さんのお話を聞く会を開きます。
(Twitter、Facebookなど、ネットの世界でもおなじみの方ですよ~)

学習会
原発労働の現場から

9月29 日( 土) 18:30 より
会場:船橋市勤労市民センター 第二講習室
講師:弓場清孝さん(元原発作業員)
資料代:500 円



福島第一原発の事故から1年半。
誰も責任を取らないまま時間だけが過ぎて行きます。
このままでは被災者は泣き寝入りです!

当日は「福島原発告訴団」の参加案内も行います。
印鑑(シャチハタ不可)をお持ちいただければすぐに参加できます。

生まれ育った美しい故郷を奪われた方々を後押しして声をあげてください。
よろしくお願いします。

 | ホーム | 

# ホースセラピー

近くの県立公園に馬の姿が!
「ホースセラピー」の体験だった。
uma2_convert_20120922130249.jpg

uma_convert_20120922130032.jpg

uma1_convert_20120922130120.jpg

馬に乗っている人の笑顔が全てを物語っている。(^0^)
いいね~♪
と思っていたら、数日後の議会質問で公明党の議員さんから
このホースセラピーをやっているNPO団体を、
市で応援してやれよ~とのアピールが。

同じく公明党の他の議員が9年前にも議会質問しているそうで
ん?ナンデ?
9年間にもわたって同じ組織を公明党が応援するって、ドウイウコトなんだろう?
いいね~と思っていたのが、私などは引いてしまうなー。

そして近くの水辺で見つけた赤とんぼ
ナツアカネ
akatonnbo_convert_20120922135359.jpg
 | ホーム | 

# 中学校体育祭

去る9月15日(土)地域の中学校の体育祭に行った。
久しぶりに棒倒しを見て、
中学生の頃の胸キュンな感じがよみがえってきた。
1回戦で負けた方のチームに肩入れして
「行けー!!」と叫んだりして。
taiikusai1_convert_20120922125658[1]
taiikusai2_convert_20120922125917[1]

あのころは性同一性障害なんていうものがあると知らなかったし
男子は上半身裸でケンカ腰、女子は黄色い声援
このワクワクな光景に
苦しんでいる同級生がいたかもしれないなんて思わなかったなぁ。。。

少数派の存在を全く排除してみれば、
単純に感動する美しい光景でした。

あ、あとしみじみと思ったのは
昔の女子のブルマーっていったい何だったんだろう???
私たち(50代)は何の意味があって太ももを丸出しにしてたんだろ?

その時代によって常識だったことなんてこの程度さ!

 | ホーム | 

# 一般質問準備中

20日に初めて「分割質問方式」で質問します。
船橋市議会では6月議会から試行されている方式ですが
国会中継などでおなじみ、
時間内であれば、一つの問題で理事者に納得いくまで何度でも質問ができるあのやり方です。

質問内容を考えているだけで、すでに胃が痛いです。


 | ホーム | 

# 9月議会開会中

9/3から9月議会が開会しています。
今議会から理事者に反問権が与えられたり、常任委員会が分散開催になったりと議会改革進行中。

議会改革進行中!なのに、問題勃発です。
私にはなかなか理解できなかったのですが
議会運営委員会を傍聴していてコトの重大さに気付かされました。

「みんなの党」がやりたい放題です。
「みんな」の名称とは裏腹に自分たちの主張を押し通すためには
各会派で合意した内容をぶっ飛ばしてでも主張する現代っ子(40才近い?)
この年代が噂に名高い『団塊Jr』ですか?

自分たちも合意して組織した「議員のあり方特別検討委員会」の報告を待たず
「結論は出た」と、3本の条例案を本会議に提出しました。

しかも発議案に対する質疑では
若い20代の議員に「公務員の給与を議会で議決することは法的に問題があるのではないか?」と問われると
「市民に選挙で選ばれた議員なので条例を可決することに問題ない。」そうだ
法律をも上回る条例って。。。

さすがの論理に
理事者もみなザワついて苦笑。

大阪市長の橋下さんの得意のセリフ「選挙で選ばれた」と同じ?

これから先、「日本維新の会」などの
さらに過激な新自由主義が権力を持ったら日本はどうなっていくのだろう?

選挙公約で言ってしまったことを実現するためになら無理も通す。
「バックには市民がついてるんだぞ」とすごむ気でしょうか?

2011統一地方選の市議選では
船橋市の投票率38.07%
会派「みんなの党」の5人に投票した人は投票当日の有権者数の3.61%です。
もう少し冷静になれないかなぁ。。。

みんなの党は
公務員の給与を減らそうとした。
議員定数を減らそうとした。
政務調査費を規制しようとした。が否決された。と記録には残るわけですかね。

「法的に無効だから」
「特別委員会の結論がまだだから」
と常識的に否決した会派は市民の目には『悪者』に映るのでしょうね。

 | ホーム | 

# プロフィール

三宅桂子

Author:三宅桂子
*一男三女の母 。

*発達障がいの子(社会人)あり。

*別居ながら約5年間両親の介護を経験。

*千葉県認定 養育里親

*現在は夫と実子2人+養育里子との生活

*モットーは
「天賦の才能は人それぞれ」
「できることをやる」

※船橋市議会会派「市民共生の会」
※議会運営委員会委員
※健康福祉委員会委員
※広報委員会委員
※予算決算健康福祉分科会委員
※予算決算委員会理事会理事

# 最新記事

# カテゴリ

# 検索フォーム

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。