プロフィール

三宅桂子

Author:三宅桂子
公式HPはこちら

http://miyake-keiko.com/

*一男三女の母 。

*発達障がいの子(社会人)あり。

*別居ながら約5年間両親の介護を経験。

*雇われない働き方、ワーカーズコレクティブ、メンバー

*千葉県認定 養育里親(子どもを受け入れる家庭)

*現在は夫と実子2人+里子との生活

*「天賦の才能は人それぞれ。できることはやる」がモットー


※船橋市議会会派
「市民社会ネットワーク」
※議会運営委員会委員
※健康福祉委員会委員


最新記事


カテゴリ


DATE: CATEGORY:未分類
市民環境経済委員会で先日、市内の商工会連合会との意見交換会がありました。
商店の方々は仕事のある時間帯に集まって下さったわけで
本当にありがたいことです。

残念なことに、地域の商店街が衰退の一途をたどり、シャッター通りとなっていく様子はもう珍しくなくなってしまいました。

大規模なショッピングセンターはいくつもの店が集まっていて
流行のオシャレな商品が並び子どもを遊ばせることもできる
休日に家族で出かければ買い物の後に食事もできる

我が家ももちろんお世話になっているわけだけれど、

例えば「遊び」と一言で言ってもディズニーランドで完璧なサービスを受けて楽しませてもらうのと
友達同士で話しをしているだけで盛り上がってしまう「遊び」があるように
その性格は全く違っていると考えなければならないのではないだろうか?

子どもたちが育っていく町で働く姿を見せてくれる商店の方々はやはり貴重な存在だと思う。

「災害時にほぼ確実に地元にいる自分たちにできることは何か」と地域の人の安全を考えていただいていることには感動さえ覚えた。
縦割り行政では活かせないだろうと思う熱い思いをしっかり受け止めて働かなければと思った。

DATE: CATEGORY:未分類
柏のベクミル見学についてもう少し詳しく紹介してほしいと言われたので写真をUPしました。
本当は写真撮影禁止なのですが許可をいただきました。

底が凸型になっているカップにビニール袋を敷き
袋の中に検体である刻んだ小松菜350gを詰め込みます。
この日持ち込んだのは松戸市に近い市川大野で個人の方が作られたもの、ちなみにNDでした♪

kasiwa bekumiru__

カップを検査機の中にセットしてふたを閉めればセット完了
ベクミル

オンタイムで数値が表示されるので
20分間数値の変動を見て検査は終了。
希望すれば検査データをプリントアウトしたものも購入できると書いてあったと思います。
bekumirukikai.jpg

料金表です。
bekumiruryoukin.jpg

基本的な考え方は「放射能測定機を使うことができるレンタルスペース」なので
検査結果の数値に関しては個人のものであり、ベクミルでは一切関知しないと言うことです。
今は冬なので予約は殺到していませんが、収穫の季節には家庭菜園で作った野菜などを持ち込む人、遠方から来る人も多かったそうです。
「孫に食べさせても大丈夫なのか」と心配する人が多いとか。。。

見学の当日、検査に来ていた2人連れのサラリーマンはサプリメントのようなカプセルや粒を何種類も検査していました。

DATE: CATEGORY:未分類
本日、1/24夜 19:00~
明日、1/25 午前10:30~
午後13:00~

東船橋の事務所にて議会報告会を行います。
お時間の都合のつく方は足元の悪い中お気をつけておいでください。
DATE: CATEGORY:未分類
ずいぶんご無沙汰してしまいました。
ごめんなさい。

年末年始を議員と言う立場で過ごすのは初めてで

忘年会や新年会にいくつも参加しました。

そうは見えない私ですが、実は宴席があまり得意ではないのでかなり摩耗しました。


・ユニバーサル就労ちばの設立総会では

検察がねつ造した証拠により無実の罪で投獄されたことでみなさんご存知

村木厚子さんの講演がありましたが

非常にわかりやすくデータの読み方を教えていただき目からウロコ

さすが!優秀な官僚はスゴイ!


脱線したお話もとても面白く、そのタフさに圧倒されました。

拘置所での生活も興味津津!「好奇心が自分を支えてくれた」とおっしゃっていました。


「ユニバーサル就労」とは既存の仕組みである雇用形態では働きにくい人々が

その人に合わせた時間帯や方法で仕事をすることができる新しい働き方の形です。

多様な生き方、多様な働き方、多様な社会参加の仕方を認め、

新しい方法を考えて行かなければ社会は行き詰っているのは行政もわかっているはず!

法整備を持っていても一向に進まない。

そっちでできなければ私たちで始めます。

後追いで認めていただければ結構。ということです。


・柏の放射能測定ルーム「ベクミル」にも見学にいってきました。

うっかり忘れそうになりますが、放射能はまだ漏れ続けています。。。


・DV(ドメスティックバイオレンス)に関する施設も見学しましたが

詳しい事は何も書けません。

身の危険を感じている女性、その子ども達、

保護に関わっているために危険と隣り合わせの職員がいる現実を学んできました。


今年もできることを精一杯やっていきます。












copyright © 2017 三宅桂子の『言いすぎちゃったらごめんなさい』 all rights reserved.Powered by FC2ブログ