Recent Article

              
        

「子ども新聞クラブ」

category - 未分類
2017/ 05/ 01
                 
4月30日
一般社団法人ソーシャル・アーティスト・ネットワークさんの事業「子ども新聞クラブ」のお楽しみ会に参加するため、
船橋市の養護施設、「おんちょう園」に伺いました。

「子ども新聞クラブ」事業は、内閣府・文部科学省・厚生労働省による「子供の未来応援基金」の対象事業ですが、
児童養護施設退所時までに必要な「生きる力」を養うとの内容に共感!

sinnbunnkurabu.jpg
写真は子ども記者についての説明の最後、高校生スタッフの説明。
高校生は小中学生の記者活動にスタッフとしてアルバイトで参加し
記事ができたらネット通販で印刷屋さんへの発注なども経験するとのこと。

後ろ姿でも子どもが写っている写真が無いのは
自分も子どもと一緒にお楽しみ会で盛り上がっていたためです(^^;
その様子は一般社団法人ソーシャル・アーティスト・ネットワークのフェイスブックページで見ていただけます。

児童養護施設退所時までに必要な「生きる力」を養う「子ども新聞クラブ」のお楽しみ会は、
大人だったら「説明会」というところかな。
集中時間が短く、興味を持った話しか入っていかない子どもの特徴を、よく理解した構成になっていて「さすが!」。
最初は私語ばかりだった子ども達も最後には集中して聞いていました。

途中、お楽しみ会のお菓子がなかなか当たらずイライラしてしまった子もいて
叱られて→泣いて→拗ねて、になっていましたが、
「お~うちの子や、『発達』界隈でよく見た光景だ」と思っていました。

大丈夫だよ!
自分の特徴を知ればなんとかなるから。

Myfunaの山崎さんは、子ども相手にいい仕事するなぁ・・・と感心。
記者の仕事のプレゼン用に作ってきたパワーポイントの資料が難しすぎるなと判断したら
必要な画面だけ出して、かいつまんでわかりやすく話してくれて
いつしか私も「うんうん」とうなずきながら聞いていました。
簡単にわかりやすく説明するって、スキルが必要なんですよね。
そして、説明が終わった後も
泣いて、拗ねて、の子にいつの間にか静かに寄り添っていました。
こういうことのできる男性って本当に貴重です。

職員さんも日々子ども達に寄り添っているのは本当に大変だろうな・・・と
なにしろ親代わり、もちろん遠慮が無くなってからがイザ本番!なわけですから。
自分の気持ちを自覚して言葉で表現するなんて、
一般家庭で育つ子どもにだって至難の業。
ましてや保護者と離れて生活する子どもとの暮らしは想像を絶します。
感謝、感謝
その施設を巣立ったあとの成人前後は、船橋市の地域全体で子どもをサポートするくらいの意気込みがないとね。

里親やっていると「偉いね~」と言われることが多いが、それは他人事の言い方。
「状況が無理でなければ引き受けて当たり前」くらいに成熟した社会になってほしい。

私やうちの家庭なんかに付き合って成長させてくれて里子には感謝している。
もちろん圧倒的に里親の方が安定していて有利だけれど、里親と里子は人間関係において、お互い様だと思っている。

本気でそう思うから「安倍総理の家庭も里子を受け入れてみれば良いのに」と以前つぶやいたら
理想の高い地方議員に意見されてツイッターブロックされたっけね。(笑

子どもは、愛し保護すべき存在だけれど
こちらから一方的に全てを与えるばかりと思ったら大間違い。
人間的に成長するのはお互い様なんだ。 実際。

話がそれました

「子ども新聞クラブ」は
毎月1回、様々な人や場所に出かけて取材をするところからスタート!
多くの大人に出会って関わって成長してほしい。


                         
                                  
        

船橋市職員の懲戒処分の修正

category - 未分類
2017/ 04/ 30
                 
悔しい!
悔しい!!
悔しい!!!

せっかく、市が身内に厳しく懲戒免職処分にしたのに
被処分者が公平委員会に申し立てをして1年がかりで処分が修正された。

懲戒免職処分⇒停職6か月

女子高校生のスカート内を盗撮だよ!
余罪もたくさんあったのに

言うとくがな

痴漢も盗撮も卑劣な犯罪です。

どうせ退職しかないのに
要するにお金。
退職金取るためにやられた。

本当に悔しい!!!!!!!!!!!!
この件はやられたが、今後受ける影響は最小限にしなければ!
なんとかせねば。
なにが公平委員会だ。

久々に脳みそ沸騰しそうだ

クソ~~~~



                         
                                  
        

中野晃一さん講演会

category - 未分類
2017/ 04/ 17
                 
千葉方面の方、
是非、足をお運びください。
(スマホのスクショ画面ですみません。) (^。^;

IMG_4039 (2)



                         
                                  
        

特別な配慮

category - 未分類
2017/ 04/ 14
                 
子どもの通うことになる小学校では、入学式前日、
特別支援の子のために体育館で予行練習を行っていた。

見通しのたたない、初めてのことに混乱する子ども達の特性をよく理解していてありがたい。
入学前に予行練習をしてくれる学校なら安心して子どもを預けられる。
nyuugaku1.jpg

昨年入学した2年生が歓迎の歌とおどりのために防災ずきんを座布団にしてスタンバイ中
1年経ったら特別支援の子ども達もこの仲間に入っているはず。
nyuugaku2.jpg

式が終わって教室へ
せっかく終わったのにまた「席について」と言われて泣く子も
nyuugaku3.jpg

特別支援で配布された教科書。
他にも教材がいくつか・・・
どこまでが無償だからありがたいと思えと言われているのか不明だが
この袋の文章は、やはりかなり不満
だって・・・『国がじゃないよ!全部税金でしょうよ!!』と思うのです。
現場の公務員は年がら年中「税金で食ってるくせに」とか言われているわけですよ。
国会議員だって、内閣といったって同じでしょうが
国は税金納める者がいなけりゃ成り立たないでしょうが。
nyuugaku4.jpg
市はなんにも悪くないですよ~。
国の姿勢が憎たらしい。

というわけで不満たらたらなのは、入学式初日には集金袋も配布されたわけで、初日から集金するのに何が「教科書は無償でやったんだから感謝しろよ」だよっ!という怒りです。
nyuugaku5.jpg
                         
                                  
        

こども食堂は「国民運動」じゃない!

category - 未分類
2016/ 11/ 12
                 
驚きすぎてひたすら悲しみしかない。

安倍総理がこどもに向けた「日本の未来を担うみなさんへ」とのメッセージ
「子ども食堂のおじさん、おばさんに助けてもらって頑張れ…」みたいな無責任極まりないメッセージ

てめー・・・(以下自粛)

さいたま市がそのメッセージを、子どもの支援活動をしてる団体宛に送付した。

フザケンナ・・・(以下自粛)

基金を受けたからこんな事になってしまったわけだ。

内閣府ホーム > 内閣府の政策 > 共生社会政策トップ > 子どもの貧困対策の推進 > 子供の未来応援国民運動 > 子供の未来応援国民運動 一周年の集い
この寄付金がろくに集まらない「「国民運動」のページの最下段にメッセージがある。
ここをクリック⇓⇓
「日本の未来を担うみなさんへ」(安倍総理から子供たちへのメッセージ)

寄付金が集まらないのは当たり前、
大多数の国民が「子どもの未来を保証するのは国の役目だろうがヨ!」と思っていることの証明でもあります。

「子どもの未来は親の責任だろうがヨ!」との意見がある。
子どもについては、第一義的には親だろうが、では色々な意味で親に恵まれない子どもはどうすれば?
あなたも社会の一員だったら批判ばかりしていないで社会参加されてはいかがでしょうか?といいたい。
納税していれば社会参加が免除されるわけではないですから
四の五の言っていないで例えば里親研修を受けて学習してもらいたいものです。
できる、できないの判断は自分ですることではないので、子どもを押し付けられるようなことは絶対にありませんから是非どうぞ。

安倍総理にはお立場をお考えいただいて、是非とも政策で子どもの応援をしていただきたいと切に、切に!!願っております。

クソッ・・・(以下自粛)

政府の不当さに対して抗議する市民を排除するために、税金つぎ込んで沖縄の高江に大量投入されている機動隊員に(大阪弁の面々)どさくさで突き飛ばされて、すっ転んできたばかりなもんで・・・少々言葉遣いが荒くなっていることをお許しください。
前日(7日)の自治体議員立憲ネットで現地に行った時は警備は沖縄県警にしてあったが、翌日(8日)にはしっかり大阪府警だったよ。さすがぬかりなし。

クソッ・・・・(以下自粛)