船橋市議会議員(市民ネットワーク・ふなばし代理人)のブログです。

# 三宅桂子の『言いすぎちゃったらごめんなさい』

# 公人終了

無事、バトンを渡し
平成とともに公職を終えました。

5月1日から、晴れて一般人です。

生活のための仕事をしつつ
これまで繋がってきたご縁で、民間チームとして、支援の必要な子たちにできる支援をしていきます。

子育てにも地域活動にも正解は無いと思っているけど、少しでも『私が』『私が』になったと感じたら、その方法はやめた方が良いとだけはわかっている。

てか、客観的にそれを感じられる感性の人は『俺が』『私が』のまま、のさばったりしないけどネ。

ボランティアと称しながら、自分の居場所作りになっていないか検証し老いるのは、なかなかどうして大変な作業になるのだろう。
熱意が人を焼き尽くすのは悲しいことだ。

と、言うわけで
船橋市民全体のことを考えるのは終わり。
我儘に生きさせていただきます。


# 先進例を目指せ!

3/7 広報委員会の視察振り返りで、本音の正論を吐き出してしまったので、おそらく「批判された」と感じた人や会派からは相当な反感を買っただろう。

でもね、視察は公費を使って遠方まで出かけ、相手方の時間も手間ひまも使って学ばせていただくわけだから。
前向きに『できること』を考える必要があると思うのです。いや!もう義務と言っても良いかも。

私が議員になりたての8年前、先期の議会にはまだ『できない理由』を述べてもオッケーな空気が漂っていました。
もちろん選挙まで2ヶ月になって視察に行くなんて誰も了承しなかった。それが常識だった。

だけど、今期4年間の船橋市議会を経験し、選挙直前の視察も敢行した上で、まだ視察の感想で「自治体の規模が違うから」とか「議会の会派構成が違うから」との言葉を聞くとは思わなかった。

つい、本音爆発。

詳細が気になる方は委員会録画をご覧くださいませ。



# 寄付行為は禁止です

つい先日、任期満了を目前にして、寄付行為が明らかになった議員が辞職したばかりなのに…。
祭への寄付をした議員がいるとの告発が議会あてに寄せられた。
はい、アウト!

…と思いきや

私は何があったか知りませんが
なんだか 今回は有耶無耶にしたようですわ。
船橋市議会の自浄作用の無さ
田舎なんですよ、ここは。

いいですか〜〜
公職選挙法では、選挙区内でお金出したらダメですよ〜〜って法律で決まってるんですよ。

これじゃ、辞職した議員がバカをみる。
で、再度 当選してきたら…
今度は「もっとずる賢くならなくちゃ」と思うでしょうよ。

天罰が下れ!!

これで良いと思ってる議員は全員落選しろ!!



# 代理人交代を目指します。

市民ネットワーク・ふなばしの代理人として8年間働かせていただきましたが、バトンを『 今仲きい子 』へと繋ぎます。
初めて選挙に挑んだ時の信念と、現在の信ずる方向性には、いささかの変更もありません。

議員としての残り僅かな任期。

与党も野党もない
二元代表制民主主義を実現するためには
こんな共闘も必要だと示す行動をとりました。

議会内での対立は市民の為になりません。
4月の統一地方選挙で新しく選ばれる議員は、全員が十分に議論してほしいと思っています。

議論以前の「言葉で表現できない意地」や「過去の遺恨」は市民にとって邪魔でしかありません。
と、いうか
「市民」という時に、ある特定の人達を指して議論していては話しが噛み合う訳がないです。
市民に色をつけて議論するのはやめましょうよ。
選挙しか考えない議員も要らないね。

やっぱり
市民ネットワーク・ふなばし だわ〜〜。




# お客様は神様なんかじゃない

「お客様は神様」と勘違いし始めてから日本人は胸くそ悪い損得人間に成り下がったと思っている。

書こうと思っていることからは逸れるが、
お金の動きで相手への態度を変えるなんぞ下衆の極み。
相手のやってきたことに敬意を払って、態度が変わることはあるだろうが、社会的地位や肩書きによって態度を変えるのも下衆の極み。
立場によって多少の変化はあるかもしれないけど、立場が弱いか強いかで態度を変えるのも嫌い。

市役所でも申請に対して許可を出す部署で、業者に横柄な態度をとっているとの声を聞いた。
理由を聞いてみようかな。



# プロフィール

三宅桂子

Author:三宅桂子
*一男三女の母 。

*発達障がいの子(社会人)あり。

*別居ながら約5年間両親の介護を経験。

*千葉県認定 養育里親

*現在は夫と実子2人+養育里子との生活

*モットーは
「天賦の才能は人それぞれ」
「できることをやる」

※船橋市議会会派「市民共生の会」
※議会運営委員会委員
※健康福祉委員会委員
※広報委員会委員
※予算決算健康福祉分科会委員
※予算決算委員会理事会理事

# 最新記事

# カテゴリ

# 検索フォーム

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# QRコード

QR